交通事故弁護士 > 交通事故解決例 > 後遺症10級7号(親指骨折IP関節運動制限)慰謝料額は?

後遺症10級7号(親指骨折IP関節運動制限)慰謝料額は?

  • 後遺障害10級7号(母指IP関節可動域制限)の慰謝料等金額
  • 後遺障害10級7号に認定された事故及びケガの状況
  • 入院・通院、そして症状固定後も回復せず仕事に復帰できなかった
  • 裁判のポイント
  • 弁護士を入れるメリットとは?

後遺障害10級7号(母指IP関節可動域制限)の慰謝料・保険金額

項目 後遺障害10級7号の慰謝料・保険金額
治療費 154万5000円
入院雑費 3万7500円
交通費 17万5000円
文書料 1万3000円
休業補償 1078万2000円
入通院慰謝料 170万0000円
逸失利益 2578万6000円
後遺障害慰謝料 510万0000円
合計 4513万8500円

後遺障害10級7号に認定された事故及びケガの状況

京都府在住のSさん(事故当時46歳、男性)は、交差点を自転車で横断していたところ、Sさんの後方から右折してきたトラックが、歩行者をよく確認もしないまま進行してきたため、このトラックに跳ね飛ばされました。
衝突によりKさんは路上に転倒し、体の右側を強く打ちつけました。

Sさんのケガは、

  • 右母指CM関節脱臼
  • 外傷性頚椎症
  • 膝部挫創

でした。

入院・通院、そして症状固定後も回復せず仕事に復帰できなかった

Sさんは1カ月近く入院し、さらに1年6か月の通院を余儀なくされました。Sさんは料理人の仕事に就いていたため、利き手が使えないままでは全く仕事ができませんでした。結局Sさんは入通院期間中は当然のこと、症状固定後も料理人としての仕事には復帰できませんでした。

Sさんは将来に不安を覚えて弁護士に相談されました。
(後遺障害等級認定に不安があるときは?→後遺障害等級・交通事故後遺症がすぐ分かる4項目

裁判のポイント

  • 休業損害・逸失利益についてかなりの争い
  • 等級についても争い

Sさんの交渉は難航し、結局裁判になりました。
裁判にあたって問題となったのが、休業損害・逸失利益をいくらと計算するのか、また後遺症がそもそも10級7号にあたるか、という2点でした。
裁判となると、保険会社側はおおよそ等級についても争ってくるため、慎重な検討が必要です。下手をすると、判決で等級を下げられてしまい、示談交渉時に比べて金額が下がってしまう、ということもありえるからです。
しかし弁護士による的確な主張の結果、後遺障害等級についてはほぼ10級7号の主張が認められました。

問題は休業損害でした。保険会社はある一定の期間を超えると休業損害の支払いを渋る傾向にあります。「そろそろ働けるのでは?休んでいるのは単にさぼっているからではないですか?」というのです。
しかしSさんは職業柄右手が使えない状態では仕事ができなかったことを丁寧に立証して、ほぼ満額の休業損害を勝ち取ることができました。

また逸失利益についても、料理人を辞め、別の仕事に就くことでかなりの減収が生じていたことから、27%の労働能力喪失率が認められ、期間も67歳までの逸失期間が認められることになりました。

結論として、Sさんには総額で4500万円を超える賠償額が認められました(既払金・過失相殺は別途)。
Sさんは裁判まで行ったことで、自賠責の保険金額に比べて大幅な増額に成功したといえます。

弁護士を入れるメリットとは?

裁判を提起した場合、訴状はもちろん、準備書面や証拠の提出・証人尋問などが行われることになります。裁判の準備は本当に大変ですし、経験がものをいう世界です。

また、裁判にならなくても弁護士が交渉することで保険金額が大幅に増額します。弁護士が入るから、保険会社も裁判を前提に話をするということになります。

交通事故では基準が3つある?知識をつけて保険会社に対抗するには?

弁護士が入るメリット、それは①裁判を有利に進める②裁判をしなくても交渉を有利に進める、この2つだと思います。

他の事例も見てみたい方はこちら → 後遺障害についてアズールが解決した実例を等級ごとに紹介

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

弁護士の中原敏雄です。

私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。

今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。

交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。

このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。

また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。

後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

▲Pagetop