交通事故弁護士相談窓口 トップ by アズール法律事務所

まずは交通事故の知識を得て保険会社に対抗!
交通事故弁護士によるQ&A

交通事故弁護士 > 交通事故解決例 > 腰椎圧迫骨折で11級7号、裁判できっちり慰謝料等を獲得した例

腰椎圧迫骨折で11級7号、裁判できっちり慰謝料等を獲得した例

  • 11級7号に後遺障害等級認定された事故・ケガの状況
  • 立ち仕事ができず、仕事上の休業補償に悩んでアズール法律事務所にご相談
  • 正確な被害者請求を経て後遺障害等級獲得
  • 11級7号の休業補償・逸失利益などについて提訴
  • 最終的にきちんとした慰謝料・逸失利益を得るには?

11級7号に後遺障害等級認定された事故・ケガの状況

京都府在住のEさん(53歳、女性)は、自転車で横断歩道を渡ろうとしていたところ、右折してきたトラックに突っ込まれてしまいました。
トラックはそれほどスピードは出していなかったようですが、直接体にトラックが接触し、また腰に強い衝撃を受けたため、Eさんは事故直後は起き上がることもできませんでした。
Eさんは事故後救急車で病院に運ばれ、医師による治療を受けました。当初の診断名は腰部打撲傷・頚椎捻挫でした。
しかしあまりに痛みがひどいため、後日改めてコンピューター断層撮影(いわゆるCT)・デジタルX-Pなどが撮られ、腰椎圧迫骨折が判明しました。
Eさんの診断名は

  • 腰椎圧迫骨折
  • 頭部外傷
  • 頚椎捻挫

でした。
結局Eさんは1週間ほど起き上がることが出来ず、しばらく仕事も出来なかったといいます。

仕事上の休業補償について悩み、アズール法律事務所にご相談

入院はしなかったものの痛みが強かったため、Eさんの通院は約11カ月にも及びました。
Eさんの仕事は立ち仕事であったため、腰に強い痛みを抱えたままでは仕事場にもなかなか出られません。Eさんはやむを得ずアルバイトを雇って自分の代わりに仕事場に立ってもらうことにしました。しかしそのアルバイトの給料を保険会社がどうしても支払ってもらえませんでした。困ったEさんは交通事故専門弁護士を探し、アズール法律事務所に依頼されました。
(休業補償に不安があるときは?→休業補償とは?交通事故で休んだ場合の5つのポイント

正確な被害者請求を経て後遺障害等級獲得

アズール法律事務所へのご依頼後、弊所のアドバイスによりEさんは的確な診断書を医師に書いていただけました。
さらに当事務所による的確な被害者請求の結果、Eさんは後遺障害等級11級7号に認定されました。
(被害者請求のメリットについては→被害者請求のメリット
しかし11級7号は、認定されただけでは正当な保険金が支払われることはありません。非常に難しい等級といえます。

11級7号の休業補償・逸失利益などについて提訴

11級7号は、

「脊柱に変形を残すもの」

について後遺障害と認めるものです。
ここでいつも問題となるのが逸失利益、つまり将来の収入減収に対する補償です。11級7号では、保険会社は逸失利益を基本的に払おうとしません。変形が残ったところで収入には影響ない、というのが保険会社のいつもの主張です。
Eさんについては逸失利益が少しは認められてましたが、アルバイトの給与などはまったく計算されませんでした。

これではとても正当な保険金とは言えません。そこで十分な検討の後、裁判を起こすことになりました。
裁判では、Eさんの会社での地位・状況などを詳細に報告書にまとめ、提出しました。また医学上の意見書も追加し、理論的に正当な主張であることを裁判官に訴えました。
その結果、保険会社も主張を弱め、裁判官から正当な額の和解案が示されました。
裁判提訴により、Eさんに支払われる保険金は約1000万円近く増額されることになりました。

:11級7号の逸失利益・慰謝料(裁判後)

項目 11級7号の賠償額
治療費 163万9546円
交通費 4万0220円
装具代 4万5280円
文書料 5400円
休業補償 152万3264円
入通院慰謝料 148万8522円
逸失利益 492万5497円
後遺障害慰謝料 420万円
合計 1386万7729円

最終的にきちんとした慰謝料・逸失利益を得るには?

11級7号では、変形のみということで逸失利益が非常に大きな問題になります。ひどい時には逸失利益がゼロと保険会社から主張されることもあります。
しかし、診断書や症状などから被害者の方に有利な点をを丹念に拾っていけば正当な逸失利益を獲得することは可能です。どのようなポイントでこれらを拾っていくのかが重要になってきます。
また、示談交渉になっても交通事故には3つの基準というものがあり、弁護士が介入することで裁判基準での保険金を獲得することができます。
交通事故、3つの基準とは?必ず知って得する6項目|弁護士が解説
一度は専門家にご相談されることをお勧めいたします。

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

0120-940-902

平日9:30-20:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

交通事故弁護士相談窓口

アズール法律事務所による示談交渉(慰謝料・後遺症・死亡事故など)

交通事故弁護士相談窓口。交通事故でケガをされた方、近親者がお亡くなりになった方、被害者側交通事故専門弁護士です。

トップページはこちらから

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

弁護士の中原敏雄です。

私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。

今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。

交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。

このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。

また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。

後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

0120-940-902

平日9:30-20:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

▲Pagetop