交通事故弁護士 > 交通事故解決例 > 12級8号(長管骨変形)の事故で慰謝料・示談金増額の実例

12級8号(長管骨変形)の事故で慰謝料・示談金増額の実例

  1. 12級8号(長管骨変形)の事故の状況
  2. 上腕骨粉砕骨折の治療状況
  3. 長管骨変形についての後遺症等級認定
  4. アズールによる慰謝料などの交渉経過と結果
  5. 基礎収入についても正確な主張が必要

12級8号(長管骨変形)の事故状況

神奈川県在住のMさん(45歳、男性)は、横断歩道を青信号で通行中に左折してきたトラックに突っ込まれ転倒しました。転倒したところに鉄棒があり、そこに体の左側を強く打ち付けてしまいました。事故後左部分は全く自由が利かなかったといいます。
Mさんは病院に緊急搬送されました。医師による診断名は「左上腕骨粉砕骨折・左腕挫創・頭部打撲・腰部打撲」でした。
「上腕骨」とは腕の骨の体に近い部分の骨を指します。「粉砕骨折」とは、骨が複数にわたって骨折することをいいます。
Mさんは1週間入院をされ、退院された後も長期間の通院を余儀なくされました。

上腕骨粉砕骨折の治療状況

上腕骨の粉砕骨折では、保存療法といって、ギブスなどで固定して骨がくっつくのを待つ治療が行われます。この保存療法では、骨がずれていない場合では比較的良好な治癒が得られますが、ずれていた場合などではあまり予後がよくない場合もあります。Mさんの状況も予後があまりよくなく、なかなか完全には回復しませんでした。
Mさんは一人暮らしで周囲に相談する人もいなかったことから、将来に不安をもち、保険会社との交渉をアズールに依頼されました。

(後遺障害等級認定に不安があるときは?→後遺障害等級・交通事故後遺症がすぐ分かる4項目

長管骨変形についての後遺症等級認定

上腕骨の骨折については現在ではあまり後遺症が残ることはありません。
しかし保存療法のみでうまくつかない場合は再手術も検討する必要があります。Mさんも予後がよくなく、結局変形癒合(うまく骨がくっつかないこと)してしまいました。ただ再手術してしまうと当然後遺障害等級は認定されません。
そのためまずは後遺障害等級を申請することにしました。
結果、Mさんには12級8号が認定されることになりました。
このように後遺障害等級については、いつ認定申請するのかも結構大事なポイントになってきます。

交通事故弁護士による交渉経過と結果

12級8号認定後、実際に保険金の交渉に入りました。
アズール法律事務所では、等級も高いこと、実際に左手が使えないことで日常生活にも大きな支障を抱えていること、本来保険金が高額になる事例のため裁判も辞さないという態度で保険会社と交渉に臨みました。
Mさんについては、基礎収入額などに争いがありましたが、交渉の末賃金センサスでの計算に同意させ、下記の賠償が支払われることになりました。

項目 12級8号の賠償額
治療費 154万3000円
入院雑費 8500円
交通費 8万5000円
文書料 5250円
休業補償 54万6000円
入通院慰謝料 128万6000円
逸失利益 1093万3000円
後遺障害慰謝料 290万円
合計 1730万6700円

もし賃金センサスでの基礎収入計算が認められないとかなり減額されたことになります。
アズールの介入により、12級8号を獲得できただけでなく、逸失利益なども十分に増額することができました。
当事務所の介入により、休業損害・逸失利益・慰謝料合わせて

約1200万円

もの増額に成功しました。

基礎収入についても正確な主張が必要

このように、12級以上では逸失利益の額も大きくなり保険会社もかなり争ってきます。当然に保険会社も最初はまともな保険金を支払おうとしません。
(保険会社は個人にはまともに保険金を支払おうとしない→交通事故、3つの基準とは?

基礎収入は争われることも多く、交通事故案件を多く扱ってきた当事務所でも資料集めに苦労することは多々あります。しかし保険会社との交渉でポイントをついた交渉をしていけば必ず増額できます。それには理論的な主張が絶対必要ですし、また数多くの事件についての交渉経験がものをいうのではないかと思っています。

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

0120-940-902

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

交通事故弁護士相談窓口

アズール法律事務所による示談交渉(慰謝料・後遺症・死亡事故など)

交通事故弁護士相談窓口。交通事故でケガをされた方、近親者がお亡くなりになった方、被害者側交通事故専門弁護士です。

トップページはこちらから

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

弁護士の中原敏雄です。

私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。

今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。

交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。

このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。

また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。

後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

▲Pagetop