交通事故弁護士 > 休業補償 > 会社役員の休業補償とは?気をつけるべき3つの項目

会社役員の休業補償とは?気をつけるべき3つの項目

  1. 会社役員の休業補償の難しい点
  2. 会社役員が休業補償をもらうには
  3. 実際の主張方法

1 会社役員の休業補償の難しい点

会社役員とは、会社の取締役や監査役などの役職についている方のことをいいます。
会社役員の休業補償の難しいところは、労働の対価としての収入なのか、役員としての報酬なのかはっきり分けるのが難しい点にあります。
休業補償とは、働けなかった分の補償ですから、従業員としての労務に対する収入であれば休業補償の対象となります。
しかし役員報酬は法律上労務の対価というよりは配当の性質を持つので、休業補償の対象とはならないのです。

労働の対価としての収入 → 休業補償の対象となる
役員報酬      → 休業補償の対象とならない

(休業補償全般についてお知りになりたい方は休業補償(交通事故)もご覧ください)

2 会社役員が休業補償をもらうには

したがって、会社役員が休業補償をもらうには、「自分はこれだけ実際に働いているのだから労働の対価はこれだけだ!」と主張しなければなりません。
全く働いていないと、休業補償をもらうのは難しくなります。
名目取締役などがこういった例です。

3 実際の主張方法

ではどうやって「働いていた」と主張すればよいのでしょうか。
基本的には、職種内容や会社の従業員と同様の仕事をしていたことを詳細に主張していく必要があります。
また、どういった技能を持っていたかもポイントの一つになってきます。
こういった主張は、過去の裁判例などを調べて、どのように自分が該当するかを主張しなければなりません。
もしこういった主張が必要になった場合は、交通事故専門の弁護士を利用することも考えられてはいかがでしょうか。

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

弁護士の中原敏雄です。

私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。

今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。

交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。

このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。

また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。

後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

▲Pagetop