交通事故弁護士 > 交通死亡事故弁護士 > 交通事故で亡くなった方の慰謝料について不在者財産管理人を申請

交通事故で亡くなった方の慰謝料について不在者財産管理人を申請

  1. 死亡事故が起きてしまった状況
  2. 死亡事故の交渉をアズールにご依頼されるまで
  3. 相続人への連絡がつかないため不在者財産管理人を選任
  4. 保険会社の提示の検討~過失割合について
  5. 保険会社の提示の検討~慰謝料・逸失利益について
  6. 交渉の経緯
  7. Yさんに認められた死亡賠償金(過失相殺考慮前)
  8. 今回の事件のポイント

死亡事故が起きてしまった状況

神奈川県在住のTさん(72歳、男性)は、深夜に自転車で勤務先から自宅へ戻る途中、直進してきたオートバイに衝突されました。
Tさんはすぐに救急車で病院に搬送され治療を受けました。

医師による診断は、

  • 外傷性くも膜下出血
  • 頭部打撲傷
  • 頭部擦過傷
  • 胸部打撲傷
  • 肋骨骨折
  • 意識障害

でした。
Tさんは意識不明のまま2か月近く入院され、治療を受けました。しかし結局意識が戻ることなく事故から2か月経ってからお亡くなりになりました。 奥様は急にご主人が亡くなったため、心労で寝込んでしまうほどでした。

死亡事故の交渉をアズールにご依頼されるまで

Tさんには行方不明の長男がいらっしゃいました。
次男の方がTさんの葬儀を行いましたが、保険金の支払いには長男の方の同意がどうしても必要でした。
また保険金の相場についてもよくわからず、次男の方は将来どう進めていけばよいか迷われていました。そこで弁護士を、ということでアズールにご相談になりました。

相続人への連絡がつかないため不在者財産管理人を選任

ご依頼いただいてから、まずは長男さんの行方を追いました。知り合いなどにも電話をしましたが、海外にいるらしいが日本には戻ってこない、とのわずかな情報だけでした。
やむを得ず、不在者財産管理人の選任を申し立てることにしました。

不在者財産管理制度は、不在者や関係者の財産管理に関する保護を図るものです。不在者とは、住所または居所から去り、かつ容易に復帰できない状態のことをいいます。

不在者財産管理制度:裁判所ホームページ

交通事故で亡くなった方の相続人が不明な場合、保険会社はそのままでは保険金を支払おうとしません。不在者財産管理制度は交通事故で亡くなった方の相続人が不明な場合、残された遺族の方が取りうる手段の一つです。

今回の事件では、不在者財産管理人の選任を裁判所に申請し、無事認められました。
ただ、これは示談の入り口にすぎません。実際の交渉はここからです。

保険会社の提示の検討~過失割合について

Tさんのご遺族に示された保険会社からの提示には、40%もの過失割合が記載されていました。過失割合40%というと既払い金を除くとほとんど支払われないことになってしまいます。
保険会社の主張した過失割合には、あらゆる主張が盛り込まれていました。中には法律上到底認められそうにない主張も含まれていました。交渉ではなかなか保険会社も引かず、結局裁判をすることになりました。
裁判ではこちらの主張がかなり認められ、過失割合は20%まで減らされることになりました。

保険会社の提示の検討~慰謝料・逸失利益について

死亡事故の慰謝料については、通常保険会社はまともに支払おうとしません。大手の保険会社だから「まともな」金額を支払ってくれるだろうと勘違いしてはいけません。死亡慰謝料は自賠責保険の基準で提示されることがほとんどです。
Tさんへの提示についても、まさに自賠責の慰謝料のみが提示されていました。

また、将来の収入分の補償、いわゆる逸失利益についても年金部分について提示がなされていませんでした。保険会社の担当者に詰め寄ったところ、「あれ?入ってませんでしたっけ?」などととぼける始末です。
これらを交渉することにして、相手方とやり取りを始めました。

慰謝料についてはある程度満足のいく提示がありましたが、逸失利益については不満の残る提示でした。過失割合と含めて裁判になりました。
裁判では年金部分も含めてほぼこちらの主張が認められました。

結果として、2000万円近い増額を勝ち取ったことで、Tさんのご遺族もご満足いただけました。

Yさんに認められた死亡賠償金(過失相殺考慮前)

項目 Yさんの死亡保険金
治療費 552万4370円
入院雑費 3万8500円
入院看護料 14万7700円
文書料 5250円
葬儀費 136万6250円
逸失利益 1093万円
本人分死亡慰謝料 1800万円
遺族分死亡慰謝料 600万円
合計 4164万5820円

今回の事件のポイント

今回の事件のポイントは、不在者財産管理人の選任を申し立てたことです。
相続人の居場所も住民票などを丁寧にたどると判明することが多いため、今回の事例は珍しいといえます。

保険金については、死亡事故一般にいえる特徴がありました。それは、

①慰謝料が非常に低い
②逸失利益について項目すら抜けている場合がある

等、かなりずさんな提示がなされるということです。
弁護士が保険会社の担当者に問いただすと、「そういえば忘れていました」などと平気で言うこともあるから驚きです。
うかつに示談書にサインせず、一度は専門家に相談してみることをお勧めします。

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

0120-940-902

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

交通事故弁護士相談窓口

アズール法律事務所による示談交渉(慰謝料・後遺症・死亡事故など)

交通事故弁護士相談窓口。交通事故でケガをされた方、近親者がお亡くなりになった方、被害者側交通事故専門弁護士です。

トップページはこちらから

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

弁護士の中原敏雄です。

私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。

今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。

交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。

このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。

また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。

後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

▲Pagetop