交通事故弁護士 > 交通事故損害賠償 > 人損と物損は何が違う?4つのポイント

人損と物損は何が違う?4つのポイント

  1. 交通事故の損害は2種類?
  2. 人損と物損、保険対象が違う?
  3. 人損と物損、誰が決める?
  4. 人損への切り替えができる?
  5. 人損事故の保険金の3つの基準、正当な保険金獲得のために

1 交通事故の損害は2種類?

交通事故の損害には2種類の損害があります。
事故によりケガをしたりお亡くなりになった場合(人身事故)の人身損害と、自動車や建造物の損壊のみで、人的被害のない物件損害があります。

人損事故の場合、刑事処分(罰金・懲役・禁固など)、行政処分(免許停止・免許取消)があります。
物損事故の場合、行政処分と刑事処分はないか、あっても軽いことが多いです。

ただし、これらは刑事責任の話です。
お金(保険金)に関するものは民事責任です。
刑事責任とは別に民事責任(損害賠償責任)は求められます。

2 人損と物損、保険対象が違う?

人損事故の場合、自賠責保険、任意保険の対象となります。
物損事故の場合、任意保険の対物賠償保険で補償されることになります。
人損事故のみの保障である自賠責保険は適用されません。

3 人損と物損、誰が決める?

警察が現場検証を行い、人身損害か物件損害かを判断します。
その後、事故証明が発行されます。
当事者が勝手に物損だと判断し、警察に届け出なかった場合、保険会社で人身事故扱いされない場合もあります。
人身損害か物件損害かに関わらず、交通事故が発生した際は必ず警察に連絡しましょう。
そして人身事故として事故証明を発行してもらうようにしましょう。
また人身損害の場合は、治療先の病院で必ず診断書をもらいましょう。

4 人損への切り替えができる?

交通事故の直後は、どこも負傷していないと思ってしまうこともあります。
警察では物損事故と判断されたものの、後日痛みが出てくることは十分にあり得ることです。
このような場合は、物件損害から人身損害へと切り替えることが可能です。
もし後になって何か傷害に気がついた場合には、まず病院に行き、診断書を作成してもらいましょう。
そして警察に届け出をし、切り替えを依頼します。

人損事故となると、警察では刑事記録を作成しなければなりません。
事故現場の立会いなどを再度行わなければなりません。
事故からしばらく経ってしまうと、事故との因果関係が疑われ、警察で受理されるのが難しくなります。
できれば10日以内に届け出た方がよいでしょう。
事故発生直後に「大丈夫、大丈夫」と安易に怪我はなかったと判断しないことが大切です。
一旦物損事故と判断されると、切り替えるのに面倒なことになりますから、事故現場で必要以上に「よい人」を装ってしまわぬよう気をつけましょう。
意外に、交通事故現場で咄嗟に加害者を気遣ってしまい遠慮してしまう被害者が多いものです。
主張すべきところはきちんと主張しておきましょう。
警察を呼べば、加害者と直接話をする必要もなくなります。
まずは警察を呼んで、きちんと警察に状況を説明しましょう。

5 人損事故の保険金の3つの基準

人身事故にしたからといって安心はできません。
最終的に示談をしてから支払われる保険金は、実は3つの基準があるのです。
このことを保険会社はわざわざ相手方である被害者に伝えることはありません。
3つの基準とは

  1. 自賠責保険の基準
  2. 任意保険の基準
  3. 弁護士の基準

です。

この基準のうち、おおよその事件で

自賠責保険金<任意保険金<弁護士基準の保険金

の順で高くなっていきます。
示談をする際には最低限この3つの基準を知る必要があります。

交通事故、3つの基準とは?必ず知って得する6項目

正当な保険金を獲得するためにも、交通事故弁護士へ一度はご相談されてはいかがでしょうか。

交通事故の損害賠償とは?弁護士による総合サイト

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

0120-940-902

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

交通事故弁護士相談窓口

アズール法律事務所による示談交渉(慰謝料・後遺症・死亡事故など)

交通事故弁護士相談窓口。交通事故でケガをされた方、近親者がお亡くなりになった方、被害者側交通事故専門弁護士です。

トップページはこちらから

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

弁護士の中原敏雄です。

私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。

今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。

交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。

このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。

また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。

後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

▲Pagetop