後遺障害とは?後遺症とは?まずは基本を知りましょう

中原弁護士

アズール法律事務所の弁護士の中原です。

交通事故にあった場合、まずはけがの治療が最優先ですが、その後に待っているのは警察・事故の相手・保険会社・病院・職場などとの様々な手続きだと思います。その際に知っておいてほしいのが「後遺障害」についての基本です。
交通事故で損をしないために、ぜひ読んでみてください。

交通事故の後遺障害と後遺症とは?

通常、交通事故でケガをして一定期間治療しても治らないことを「後遺症」といいます。ただ、交通事故では保険会社が保険金を支払うので、どんな「後遺症」でも保険金が支払われるわけではありません。
単なる「後遺症」ではダメで、「後遺障害」と認めてもらわないと保険金が支払われないことになります。

後遺障害に認めてもらう方法は?

では、どうやって「後遺障害」と認めてもらうのでしょうか。交通事故後、ある一定期間の治療を行っても後遺症が残ることがあります。医師に「もうこれ以上治療してもよくならない」と判断されると「症状固定」となります。

この症状固定後に後遺障害診断書を医師に書いてもらい、自賠責(損保料率機構の下部組織である自賠責調査事務所)に対して「後遺障害等級」の認定申請をします。そして、自賠責によって等級認定されれば「後遺障害」が残った、ということになります。

これが後遺障害等級認定、一般的に後遺障害認定(または後遺症認定)と言われています。

後遺障害等級、いくつある?

交通事故による後遺障害等級は1級から14級までに分かれています。また、後遺障害1級と後遺障害2級については要介護かそうでないかに分かれています。合計で16等級の後遺障害等級があることになります。

基本的には1級が一番重い(高い)後遺障害で、慰謝料や保険金も最も高額になります。等級の数字が増えるにつれて後遺障害の程度は軽くなります。

なお、1つの等級の中でも症状別にいくつもの項目に分かれており、そのどれかに該当することで後遺障害等級が獲得できることになります。
各等級の内容(症状)については下記リンク先に詳細をまとめましたので、参考にしてください。

等級別に後遺障害を紹介

後遺障害 よくある症状、けがの部位

ここでご自分の後遺症がどの後遺障害等級に該当するのか調べやすいように、後遺障害としてよくある症状、けがの部位についてまとめたページを紹介します。気になる記事があれば、ぜひ読んでみてください。

よくある後遺障害の症状

ケガの部位別後遺障害

より上位の後遺障害等級認定を獲得するには

実は、後遺障害等級認定の申請方法には2通りのやり方があります。事前認定と被害者請求です。加害者側保険会社に代わってやってもらうのが「事前認定」、被害者自らが申請するのが「被害者請求」です。

事前認定

事前認定は、保険会社がすべての手続きをやってくれるので便利といえば便利です。しかし相手側の保険会社が手続きをするのですから、どこまで綿密にやってくれるのかという疑問があります。また書類などは必要最低限のものだけを提出することになるわけで、そこに落とし穴があります。

事前認定の流れ

被害者請求

被害者請求は、自らが主張する書面をきちんと整えて申請できるため「おざなりな申請」ということは避けられます。しかし、あくまで被害者自身で適切な書面を用意しなければなりません。後遺障害等級認定に対し、適切なポイントを押さえた書面を提出できなければ、かえって等級認定されないということもありえます。

被害者請求の流れ

ここはやはり交通事故の被害者請求に慣れた、後遺障害等級認定の経験豊富な弁護士や医療コーディネーターのサポートが必要です。
手前味噌にはなりますが、アズール法律事務所では日ごろから交通事故と後遺障害のご相談を数多く受けており、被害者請求や保険金増額の実績も豊富です。もしお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。