被害者請求とは?後遺障害等級の取得方法を解説

被害者請求とは何?

被害者請求とは、交通事故の後遺障害等級の申請を被害者自ら行うことをいいます(実際には弁護士に依頼して申請される方が多いです)。

交通事故でケガをしてしまったらまずは病院で治療を行います。しかし、ある程度治療を行っても、なかなか治らない状態になることがあります。治らない…つまり後遺症が残ってしまった状態です。交通事故で後遺症が残ってしまったら、後遺障害の等級を申請します。多くの場合、等級申請は保険会社が行いますが、この申請を被害者自らが行うことを「被害者請求」といいます。

後遺障害等級ってそもそも何?

交通事故で後遺症が残った場合、状態に応じて1級から14級の認定がなされますが、この等級のことを後遺障害等級といいます。通常は自賠責調査事務所が認定を行います。等級について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。

後遺障害等級、2つの申請方法

後遺障害等級は申請をしなければ獲得できません。どうやって申請をし、後遺障害等級を獲得するのか。後遺障害等級の獲得申請のやり方については、主に下記の二通りがあります。

  • 事前認定
  • 被害者請求

事前認定の問題点

事前認定とは、加害者側の任意保険会社を通じて後遺障害等級申請を行うことです。

非常に奇妙なことですが、被害者側がやるのではなく、加害者側が被害者の後遺障害等級の申請を行うのです。現在ではこの方法が一般的となっています。事前認定は被害者にとっても便利といえば便利です。自分で資料などを集めなくてもよいからです。

しかし、果たして加害者側の保険会社が被害者に有利にことを運ぼうとするのか?という根本的な疑問があります。

実際にアズール法律事務所の経験でも、こういった事例があります。

あるとき、すでに事前認定で等級を獲得された方が相談にいらっしゃいました。弁護士が受任後、依頼者の方の事前認定書類を精査したところ、保険会社が意見書を提出していることが分りました。その意見書にはなんと、依頼者に不利なことばかりが記載されていたのです。もちろんそんなことを一般の方が知ることはありません。アズール法律事務所で改めて被害者請求をしたところ、やはりより上級の後遺障害等級認定を得ることができました。

被害者請求のメリット

そこで、被害者自らが自賠責保険会社に後遺障害等級の申請を行う必要が出てくるのです。被害者請求では、被害者自らが検討し、自らに有利な書類を提出することで上級の後遺障害等級を獲得することができます。

被害者請求のメリットを見てみると、下記のようになります。

  • 被害者自らが申請することで、自らに有利な書類を吟味して提出できる。
  • 事前認定と違い、後遺障害等級が認められたときに自賠責保険が支払われる。(事前認定では、最終的な示談ができないと支払われないことになっています。)
  • 加害者側の任意保険会社から治療費等を打ち切られてしまった場合、打ち切り後の治療費等を自賠責保険に被害者請求できる。

どうやれば一番有利な被害者請求ができるのか?

被害者請求は、交通事故の被害者であれば誰でも申請することができます。しかし、被害者請求については医療的な見地からの検討が欠かせません。交通事故専門チームを持つアズール法律事務所では、以下の見地から有利な後遺障害等級獲得を目指しています。

  • 過去の認定実績・経験に基づく医療調査
  • 他の医療コーディネータとの連携
  • 実績に基づく照会回答書等や事実証明書類の作成

実は後遺障害等級の認定は非常にデリケートで、ポイントを押さえた資料を提出できないと、取れる等級も取れなくなってしまいます。後遺障害等級は、交通事故の示談の非常に重要なポイントです。ぜひ専門家の意見を聞いてみてはいかがでしょうか。

アズール法律事務所では後遺障害等級のご相談も無料です。お気軽にご利用下さい。

後遺障害診断書の内容や注意すべきポイントを確認しましょう

後遺障害診断書とは?