肩・腕のけが|後遺障害と等級を解説(骨折・曲がらない等)

腕イメージ

交通事故で骨折等のケガをして肩や腕に後遺症が残った場合、後遺障害等級に応じた賠償金を保険会社等に請求することができます。まずはご自分の後遺症が、どの後遺障害等級に該当するのかを知ることからはじめましょう。

肩、ひじ、手首が曲がらなくなった場合の後遺障害等級は?

骨折等の後遺症により腕が曲がらなくなった場合の後遺障害等級については、どの関節が曲がらないか、どれくらい曲がらないかによって決まります。

以下に該当する後遺障害等級表の記載と、わかりやすい言葉での【解説】を添えてあります。ぜひ参考にしてください。

1級4号|両上肢の用を全廃したもの

腕の3大関節 説明図

【解説】「上肢」とは、腕のことです。1級4号では、「両方」の腕の3大関節(肩、ひじ、手首)と手指がすべて固まったように動かない場合に認められます。両腕の神経が完全に麻痺している場合も含まれます。

5級6号|1上肢の用を全廃したもの

【解説】「1上肢」とは、どちらか「片方」の上肢(腕)という意味です。5級6号は、片腕の3大関節(肩、ひじ、手首)と手指がすべて固まったように動かない場合に認められます。片腕の神経が完全に麻痺している場合も含まれます。

6級6号|1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの

【解説】これは片腕の3大関節(肩、ひじ、手首)のうち2つの関節がほとんど動かない場合です。関節が固まってしまっている場合のほか、麻痺により関節をほとんど自分で動かせない場合も含みます。
また、人工関節や人工骨頭を入れる治療を行い、その関節の可動域が健康な方の腕の半分以下となってしまった場合も含まれます。

8級6号|1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの

【解説】これは片腕の3大関節(肩、ひじ、手首)のうち1つの関節がほとんど動かない場合です。関節が固まってしまっている場合のほか、麻痺により関節をほとんど自分で動かせない場合も含みます。
また、人工関節や人工骨頭を入れる治療を行い、その関節の可動域が健康な方の腕の半分以下となってしまった場合も含まれます。

  • 後遺障害8級6号(肩関節の機能障害)の慰謝料などの裁判例を紹介

10級10号|1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

【解説】これは片腕の3大関節(肩、ひじ、手首)のうち1つの関節が健康な方の腕の半分以下しか動かない場合です。
人工関節や人工骨頭を入れる治療を行っている場合は、関節の可動域に大きな変化がなくてもこれに該当します(可動域が半分以下の場合は8級6号になります)。

12級6号|1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

【解説】これは片腕の3大関節(肩、ひじ、手首)のうち1つの関節が可動域の3/4までしか動かない場合です。可動域は健康な方の腕との比較で判断します。

腕の骨折で変形が残った場合の後遺障害等級は?

交通事故による腕の骨折等が完全に治らず、いわゆる「偽関節」や変形が残った場合の後遺障害等級について紹介します(折れた部分がもとどおりにくっつかず回復しないままの状態となってしまったことを「偽関節」といいます)。

7級9号|>1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

【解説】「上肢」とは腕のことです。7級9号は片腕の上腕骨、橈骨、尺骨のいずれかの骨折した部分がもとどおりに治癒しないままとなり、金属やプラスチックの硬性補装具が常に必要な場合が該当します。

上腕骨、橈骨、尺骨の説明図

8級8号|1上肢に偽関節を残すもの

【解説】片腕の上腕骨、橈骨、尺骨のいずれかの骨折した部分がもとどおりに治癒しないままとななったものの、金属やプラスチックの硬性補装具が常には必要ない場合が8級8号に該当します。

12級8号|長管骨に変形を残すもの

【解説】長管骨とは、上腕・前腕・大腿・下腿などの手脚の骨にみられる長い円筒状の骨をいいます。上肢の場合、上腕(肩から肘まで)にある上腕骨、前腕(肘から手首まで)にある橈骨や尺骨がこれにあたります。
これらの比較的大きな骨がもとどおりに治らず変形などが残った場合が12級8号に該当します。

腕を切断した場合の後遺障害等級は?

交通事故により腕を切断してしまった場合の後遺障害等級についも紹介します。腕を失ってしまった場合は、やはりかなり高い後遺障害等級となります。

腕の3大関節 説明図

1級3号|両上肢をひじ関節以上で失ったもの

【解説】両方の腕を肩からひじの間で切断した場合が1級3号に該当します。

2級3号|両上肢を手関節以上で失ったもの

【解説】両方の腕をひじと手首の間で切断した場合が2級3号に該当します。
手首の関節が切り離された場合もこれに含まれます。

4級4号|1上肢をひじ関節以上で失ったもの

【解説】片方の腕を肩とひじの間で切断した場合は4級4号に該当します。
肩関節が切り離された場合や、ひじ関節が切り離された場合もこれに含まれます。

5級4号|1上肢を手関節以上で失ったもの

【解説】片方の腕をひじと手首の間で切断した場合は5級4号に該当します。
手首の関節が切り離された場合もこれに含まれます。

肩・腕の後遺障害、認定のポイントは?

交通事故の後遺障害等級では、被害者個人がいくら強く主張したところで、ほとんど何も認めてもらえません。あくまで医師による診断書が必要です。

ではどういった診断書が必要なのでしょうか?どういった検査や書類が必要でしょうか?
それは個々の案件次第というところもありますが、まずは次のポイントに気をつけましょう。

  • レントゲン(XP)、MRI等の患部を撮影した画像
  • 医師や理学療法士による可動域制限の角度測定
  • 経過診断書や後遺障害診断書の適切な記載

しっかりとした後遺障害等級を取るためのポイントは?

後遺障害等級は、自賠責調査事務所というところが判断をします。
そのため、この自賠責調査事務所にしっかりとしたアピールをしていくことが非常に重要です。

ではどうやってアピールしていくか?ポイントはいくつかあります。

  • しっかりとした書類を提出すること(特に診断書や画像など)
  • それには保険会社に任せきりにせず、被害者請求を行うこと
  • 被害者請求もポイントを理解している専門の弁護士に依頼すること

しっかりとした等級を取るには、しっかりとした書類が欠かせません。ただ相手方の保険会社任せでは、きちんとした書類は集めてくれません。自ら「被害者請求」を行うことが大切です。

だだし「被害者請求」では資料の取り寄せや書類の準備等に相当な手間がかかります。症状の立証方法や主張の仕方にもコツが必要になります。そういう時は、交通事故と後遺障害についての経験豊富な弁護士に相談するのがやはり近道と言えます。

等級を取った後の示談交渉を弁護士に任せることで、受け取る保険金が数倍になることも

後遺障害等級は、取っただけでは何の意味もありません。最終的にきちんとした保険金を受け取ることが何より大事になってきます。

ただ、保険金には複雑な制度があり、その一つが保険金の基準が3つあるということです。このうち弁護士の基準で受け取ることが大事です。しかし保険会社は、個人の方が交渉しても、なかなか弁護士の基準で保険金を支払おうとはしません。

弁護士が入ることにより保険金の算定は最も高い「弁護士(裁判)基準」で行われます。このことにより最終的に受け取れる金額は、保険会社に任せた場合よりも大幅に増額となるケースがほとんどです。

後遺障害等級が決まった後でも決して遅くはありません。ぜひ一度交通事故を専門に扱う法律事務所にご相談ください。

アズール法律事務所では、交通事故の被害者の方からのご相談は無料でお受けしています。興味がある方はぜひ一度ご相談ください。

あなたの後遺障害等級の慰謝料を確認しましょう

後遺障害の等級別の慰謝料は?

【ご注意】本ページの内容は、執筆時点で有効な法令・法解釈・基準に基づき、アズール法律事務所が一般の方向けにわかりすく書き下ろしたものです。記載どおりの後遺障害等級が取得できることを保証するものではありません。