交通事故弁護士 > 交通事故解決例 > 高次脳機能障害で1級1号、3億4千万円を獲得した例を弁護士が解説

高次脳機能障害で1級1号、3億4千万円を獲得した例を弁護士が解説

高次脳機能障害で1級1号のイメージ画像こんにちは、弁護士の中原です。皆さんは高次脳機能障害という病名をご存知でしょうか。

高次脳機能障害というのは、脳に強い力がかかり、大きなダメ―ジを負った状態でおこる、色々な症状のことをいいます。

記憶力が悪くなったり、性格が変わってしまったり、それまでの日常生活を送ることが難しくなってしまいます。ところが、外見は普通に見えてしまうため、周囲の理解がなかなか得られません。

高次脳機能障害は、ご本人だけでなくご家族も精神的に苦しめてしまう、とても深刻な症状です。

今回は交通事故で高次脳機能障害となってしまい、賠償金約3億4千万円を獲得した事例をご紹介いたします。

・このページのポイント 

高次脳機能障害と診断された交通事故の状況

びまん性軸索損傷 イメージ図鳥取県在住のAさん(58歳、男性)は、通勤途中で歩道を歩いていたところ、後ろからやってきた乗用車にはねられました。Aさんは強い衝撃ではね飛ばされ、全身とくに頭を強く打ちました。

意識を失ったAさんはただちに救急搬送され、搬送先の病院で、

  • 脳挫傷
  • 外傷性くも膜下出血
  • びまん性軸索(じくさく)損傷

等と診断されました。

びまん性軸索損傷という症状から、Aさんには重い脳障害(高次脳機能障害)が残ることが予想されました。

高次脳機能障害とは重い脳の後遺症です

高次脳機能障害とは、交通事故などによる脳のケガのせいで、脳の働きが弱くなってしまう症状のことをいいます。具体的には、言葉をうまく話せなくなったり、ものを覚えられなくなったり、ささいなことで怒りっぽくなったりする、といった内容です。

Aさんの「びまん性軸索損傷」は、高次脳機能障害がおきやすい症状の代表的なものです。脳が強くゆさぶられ、脳の組織が壊されてしまうのです。脳の広い範囲にキズを負い、重い後遺症が残るという特徴があります。

Aさんは意識を取り戻しましたが、Aさんには、びまん性軸索損傷が原因と思われる高次脳機能障害の症状が発生していました。

具体的には、

  • 記憶力が落ち、家族の名前や顔すら覚えられない
  • 情緒が不安定になる、すぐにカッとなり怒り出す
  • 場所を覚えることができず、すぐに道に迷ってしまう
  • 手助けがないと食事ができない、常に見守りと声がけが必要
  • 着替え、トイレ、お風呂はほとんど自分でできず、大部分で手助けが必要

といった症状です。

高次脳機能障害(びまん性軸索損傷)で後遺障害等級1級1号が認定に

Aさんは長期間入退院を繰り返し、約2年後に症状固定となりました。そしてその後の後遺症の申請(被害者請求)で、後遺障害等級1級1号が認定されました。

被害者請求とは?6つの段階で知る|交通事故弁護士

等級が決まると、その後、相手の保険会社と示談交渉が始まります。賠償額をいくらにするか、話し合いをするのです。そして、両者が合意すれば承諾書を作り、事件は終了となります。

承諾書とは?→ 承諾書とは?免責証書とは?示談書とは違うのか。交通事故のアズール

ところが、今回のケースではお互いの主張する賠償額に差がありすぎ、話し合いがまとまることはありませんでした。その結果、裁判をすることとなり、法廷の場で争われることになりました。

裁判のポイントは将来介護費用

裁判が始まりました。裁判で一番の争点となったのは将来介護費用でした。

将来介護費用とは、重い後遺症が残ってしまった人が亡くなるまでにかかる介護費用のことです。亡くなるまでの毎年分の費用なので、多額になります。保険会社は少しでも賠償額を減らそうとしてくるため、将来介護費用は最も争いになりやすい部分です。

また、住宅をバリアフリーに改造する、浴室を改造する、福祉車両を購入する、といった費用も問題となります。保険会社はこういった費用をまず払おうとしてきません。強い態度で支払いを拒否してくることが多いです。

今回の裁判では最終的に将来介護費用で約2億円、自宅改造と車両代で1500万円という多額の賠償金がみとめられ、全体で約3億4千万円もの金額になりました。

項目 裁判による賠償額
治療費(含労災) 4400万円
交通費 55万円
入院雑費 120万円
休業損害・付添看護費 1450万円
将来看護費用 2億円
福祉車両・住宅改造費等 1500万円
入通院慰謝料 400万円
逸失利益 5450万円
後遺障害慰謝料 2800万円
既払 5100万円
弁護士費用 3000万円
合計 3億4000万円

高次脳機能障害で正しい賠償金を獲得するためには高次脳機能障害に強い弁護士へ

今回のケースのように上位の等級が認定された場合、弁護士を介入させると大きく2つのメリットがあります。

  • 正当な賠償金をうけとることができるというメリット
  • 精神的な負担や物理的な負担を軽減できるというメリット

1つ目は、正当な賠償金をうけとることができるというメリットです。

ご自身で保険会社と交渉してしまうと、とても低い金額で示談させられてしまうことがあります。保険会社の提示する金額と、正当な金額は億単位の違いになることもあり、専門家の知識と経験で、賠償の額を大きく増やすことができます。

2つ目は、精神的な負担や物理的な負担(書類の処理など)を軽減できるというメリットです。

高次脳機能障害は、ご本人はもちろんご家族にも大きな精神的負担となります。些細なことで突然怒り出したり、ほんの数時間前のことを覚えていられないなど、周囲のご家族のとまどいや気苦労は計り知れません。そこへ追い打ちをかけるように保険会社の冷たい態度や支払い拒否などが加わってしまうのです。

また、正しい等級をみとめてもらうには、書面や画像(MRIなど)が必要になります。そのためには、画像を撮影してもらったり、診断書を医師に依頼したり、脳の検査を依頼したりと、治療中にやらなければならないことが数多くあります。

こういった精神的な負担や物理的な負担は、弁護士に依頼することで大きく軽減されます。

アズールでは、高次脳機能障害の被害者様からのご相談を全力でお受けしています。ぜひ交通事故専門の、高次脳機能障害に強いアズール法律事務所へご相談ください。

*本事例は、被害者の方の特定を避けるため一部内容を変更して記載しました。

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

交通事故弁護士相談窓口

アズール法律事務所による示談交渉(慰謝料・後遺症・死亡事故など)

交通事故弁護士相談窓口。交通事故でケガをされた方、近親者がお亡くなりになった方、被害者側交通事故専門弁護士です。

トップページはこちらから

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

<p>弁護士の中原敏雄です。</p>
<p>私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。</p>
<p>今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。</p>
<p>交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。<br />
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。<br />
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。</p>
<p>このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。</p>
<p>また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。</p>
<p>後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。</p>

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

上へ