交通事故弁護士 > 交通事故解決例 > 後弯した背骨の後遺障害が残り、8級の等級を獲得した事例

後弯した背骨の後遺障害が残り、8級の等級を獲得した事例

こんにちは、弁護士の中原です。

今回は、交通事故で背骨を骨折し、後遺障害が残ってしまった方の事例をご紹介しようと思います。

背骨は医学上は脊柱(せきちゅう)といいます。右の図のように、上から頚椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)と並んでいます。

今回のご依頼人は胸椎を骨折し、後遺障害等級の申請では8級が認められ最終的に2700万円という賠償金を獲得しました。

背骨を圧迫骨折した交通事故の状況

岩手県在住のTさん(52歳、男性)は、交差点で横断歩道を青信号で歩行中、信号を無視して走ってきたオートバイにはねられ、数メートルはね飛ばされました。背中に猛烈な痛みが走り、気を失うほどだったといいます。

Tさんはすぐに救急搬送され、搬送先の病院で、

  • 第11胸椎圧迫骨折
  • 頚椎捻挫

と診断されました。

弁護士が事故直後から全面的にサポート

Tさんにご依頼いただいたのは、事故にあった数日後のことでした。交通事故にあったが初めてのことでどうしていいかわからない、そこでアズール法律事務所にご依頼いただくことになりました。弁護士は、Tさんから詳しくお話をうかがうことから始めました。

弁護士は、Tさんの痛みの訴えが非常に強いと感じました。アズールにご依頼いただいた被害者の方で圧迫骨折をした方は、皆様一様に強い痛みを訴えます。しかし、Tさんは多少オーバーに言えば猛烈といっていいほどの痛がりようでした。

圧迫による変形の度合いが非常に強いのかもしれない、そう思った弁護士は、主治医と連絡を取り早急にMRIを撮影するよう依頼しました。そして事故直後に撮影されたレントゲン画像と、新しく撮影したMRI画像を精査したところ、Tさんの骨折は変形の度合いが非常に強く、さらにTさんの胸椎には

  • 後弯(こうわん)

が生じていることが分かったのです。

CTとは?MRIとは?交通事故の後遺症認定に必要な画像について

圧迫骨折による後弯(こうわん)とは

背骨は、もともと首(頚椎)、胸(胸椎)、腰(腰椎)の部分でそれぞれが前後に弯曲しています。頚椎と腰椎が前弯(ぜんわん)といって前に出ており、胸椎が後弯(こうわん)といって後ろに出ています。

後弯とは、この胸椎が後ろに異常に曲がってしまうことをいいます。

どれくらい後弯しているかで後遺症の等級が変わってくるため、後弯が生じている場合には、どれくらい圧壊しているか正しく診断してもらわなければなりません。

Tさんには、辛さは変わらないものの、痛みの原因がはっきりしたことで少し安心していただきました。      

圧迫骨折による後弯で8級相当を獲得

Tさんは強い痛みと向き合い通院を続けましたが、8ヵ月ほど経過したころ症状固定となりました。

そこで弁護士は、主治医の先生に後遺障害診断書を作成していただき、後遺障害等級の申請に移ることにしました。

弁護士は、胸椎に後弯が生じていること、そして胸椎に強い痛みが残ったことを記載してもらうよう、主治医の先生にお願いしました。

圧迫骨折という症状は、痛みを含めて評価してもらうことが非常に重要です。後遺障害の等級は、認定票という紙で被害者に通知がくるのですが、

  • 痛みを含めて後遺症に該当する

という内容が記載されていることが望ましいのです。痛みがあることを根拠に、交渉を有利に進めることができるからです。

正しい内容を記入していただいた後遺障害診断書と画像を提出して後遺症申請を行った結果、Tさんには痛みを含めて8級相当が認定されました。通常、圧迫骨折があると11級の認定がなされます。しかし、後弯について正しく記載されていたおかげで、無事に8級となりました。

後遺障害等級と交通事故後遺症について|すぐ分かる4項目

後遺障害とは?後遺症と違う?交通事故でケガをして一定期間治療しても治らないことを「後遺症」、自賠責によってその後遺症が等級認定されれば「後遺障害」となります。正当な後遺障害等級認定を獲得する方法を弁護士が解説… 続きを読む

胸椎圧迫骨折(8級相当)でアズールが獲得した賠償額

等級が決まったことで、加害者側の保険会社との交渉が始まりました。8級という等級は、後遺症としてはかなり重い症状です。保険会社の出し渋りに屈するわけにはいきません。いつものように保険会社の強い抵抗にあいましたが、Tさんに強い痛みが残っていること、背中が曲がってしまい仕事にも大きく影響していることを粘り強く訴え、最終的に以下の金額で示談することになりました。

項目 アズールによる獲得額
治療費 120万円
交通費 12万円
その他費用 1万円
休業損害 160万円
入通院慰謝料 132万円
逸失利益 1480万円
後遺障害慰謝料 830万円
合計 2735万円

※過失割合は考慮していません。

正しい後遺障害等級と賠償金を獲得するためには専門家へ依頼を

圧迫骨折という症状は、保険会社が最も逸失利益を支払おうとしない等級の一つです。「骨が変形しても、将来に大した影響はありませんよね?」などと平気な顔をして言ってきます。

しかし、そんなことはありません。被害者は、将来もずっと強い痛みを抱えながら生きていかなければならないのです。また、後弯が生じると背中が大きく曲がってしまい日常生活にも大きな支障を来してしまいます。その苦しみに見合った保険金でなければなりません。アズールでは圧迫骨折を扱った多くの経験をもとに、全力を尽くします。

また、専門知識を持った弁護士が内容を確認することで正しい等級を獲得できる可能性が高まります。

アズールでは、電話相談を無料でお受けしています。ご不安や疑問を感じたら、ぜひ交通事故専門の弁護士にご相談ください。きっと新しい未来が開けてくることと思います。

交通事故の示談を弁護士に相談する3つの理由と2つのメリット

交通事故の示談を弁護士に相談するメリットは何か?3つの基準とは?などを解説。本当に保険会社は被害者の有利なように処理してくれるのか … 続きを読む

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

<p>弁護士の中原敏雄です。</p>
<p>私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。</p>
<p>今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。</p>
<p>交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。<br />
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。<br />
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。</p>
<p>このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。</p>
<p>また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。</p>
<p>後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。</p>

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

上へ