動揺関節(ひざ)で後遺障害12級7号となり約2000万円を獲得した事例

膝の動揺関節イメージ

こんにちは、弁護士の中原です。 今回は、交通事故でひざにケガを負い、動揺関節という後遺障害が残ってしまった方の事例をご紹介しようと思います。

動揺関節というのは、簡単にいえば関節が異常な方向に曲がったり、グラグラとし て安定しない症状の事をいいます。硬性補装具やサポーターを着用しなければならないなど、仕事はもちろん日常生活にも大きな支障をきたす症状です。

今回のご依頼人は、後遺障害の申請で12級7号という等級が認められ、最終的に約2000万円の賠償金を獲得しました。

動揺関節が残った事故の状況

埼玉県在住のAさんは、自転車で通行中、左から進行してきた乗用車にはね飛ばされました。Aさんはあまりの痛みに起き上がれず、周囲の通行人が呼んでくれた救急車で、すぐに病院へ搬送されました。

そして搬送先の病院で、

  • 両ひざ挫創
  • 右ひざ後十字靭帯損傷
  • 右ひざ近位端骨折

と診断されました。Aさんのひざは、ぐらぐらが残り(動揺関節)、治療を続けてもなかなかよくなりませんでした。

動揺関節の不安から弁護士に依頼

Aさんにご依頼いただいたのは、事故から1年ほど経った頃でした。保険会社から、これ以上動揺関節に変化はないから治療を終了してほしいと言われ、主治医からもこれ以上良くならないと言われてしまい、後遺障害の申請を考えておられ ました。そこでアズール法律事務所で後遺障害の申請からご依頼いただくことになりました。

弁護士は、保険会社から今までの診療録や画像等、Aさんの動揺関節の治療に関する書類をすべて取り付けることから始めました。

ご依頼人がどういう症状で苦しんでおられたのか、後遺障害を証明するために必要な検査や画像撮影は済んでいるか、一つ一つ弁護士が精査していきました。

動揺関節の後遺障害申請で12級7号を獲得

Aさんの資料を調べていくと、不足しているものがいくつかあることが分かりました。

  • レントゲンは撮影されているがストレスレントゲン(ストレスXP)が撮影されていない
  • 靭帯の損傷が原因で動揺性が生じていることを立証する検査が行われていない
  • ひざ装具(サポーター)の必要性について、医師の指示書がない

ストレスレントゲン(ストレスXP)というのは、患部に圧力をかけ、靭帯の損傷で骨がズレている状況を無理やり作り出して撮影をするというものです。これによって、関節の動揺性がはっきりと分かります。Aさんには ストレスXPの撮影がありませんでした。また、動揺性の程度をはかる検査も必要になりますが、この検査もAさんには行われていませんでした。

これでは正しい等級が認定されるはずがありません。そこで弁護士は上記の資料を一つ一つ丁寧に集め、後遺障害の申請を行いました。

その結果、Aさんには無事に12級7号が認定されました。

動揺関節(12級7号)でアズールが獲得した賠償額

等級が決まったことで、加害者側の保険会社との交渉が始まりました。いつものように保険会社は非常に少ない金額での示談を迫ってきましたが、Aさんに強い痛みが残っていること、ケガの後遺障害 が仕事に大きく影響していることを粘り強く訴え、最終的に以下の金額で示談することになりました。

項目 賠償金
治療費 186万円
交通費 15万5000円
その他費用 2万円
休業損害 120万円
入通院慰謝料 165万円
逸失利益 1200万円
後遺障害慰謝料 290万円
合計 1978万5000円

正しい後遺障害等級と賠償金を獲得するためには専門家へ

後遺障害の申請をする際、保険会社は被害者に有利な資料をわざわざ集めたりすることはありません。高い等級が認定されれば、それだけ高い賠償金を支払わなければならなくなるのですから、これ はある意味当然とも言えます。ここはやはり、専門知識を持った弁護士に依頼するのが確実な方法といえます。

また、保険会社と交渉する際に大事なことは、判例や他の事例を根拠にした的確な主張をすることです。また、被害者がどれほど事故の後遺障害に苦しんでいるか、仕事にどういった影響を与えている か、ポイントをついた主張をすることが大事です。

交通事故の被害にあわれた方は、お体の痛みだけでなく、将来の見通しなど数多くの不安にさらされていらっしゃることと思います。アズールでは、電話相談を無料でお受けしています。ご不安や疑問 を感じたら、ぜひ交通事故専門の弁護士にご相談ください。