交通事故の死亡慰謝料、金額・相場はどれぐらい?

交通事故の死亡慰謝料について

交通事故で被害者がお亡くなりになってしまった場合、そのご遺族には慰謝料が支払われることになります。 この慰謝料は、亡くなったご本人に対する慰謝料と、ご遺族に対する慰謝料とに分かれています。

さらに重要な事は、慰謝料の金額には基準が3つもあるということです。 最高額となる弁護士基準での正当な慰謝料を勝ち取れるよう、まずは慰謝料額の相場をご覧ください。
死亡慰謝料は「被害者ご本人分+ご遺族分」がまとめてご遺族に支払われることになります。

亡くなった方ご本人の交通事故死亡慰謝料額の相場

お亡くなりになった方 自賠責基準 弁護士基準
一家の支柱 400万円 2800万円〜3600万円程度
母親・配偶者 400万円 2800万円〜3200万円程度
独身者 400万円 2800万円〜3000万円程度
子ども 400万円 1800万円〜2600万円程度
高齢者 400万円 1800万円〜2400万円程度

さらに詳しくお知りになりたい方は、下記の記事もぜひご覧ください。

ご遺族に対する交通事故死亡慰謝料額

次はご遺族に対する慰謝料額です。 こちらは請求権者の数と、亡くなった方に養われていた方(被扶養者)かどうかで金額が変わってきます。

※請求権者…父母(養父母を含む)、配偶者及び子(養子、認知した子及び胎児)です。

請求権者の人数 死亡慰謝料額 亡くなった方に扶養されていた者
請求権者1人 550万円 左の金額に200万円プラスをする
請求権者2人 650万円 左の金額に200万円プラスをする
請求権者3人以上 750万円 左の金額に200万円プラスをする

正当な弁護士基準で慰謝料を受け取るにはどうすればよい?

これは答えは簡単です。自分で裁判をするか、弁護士に頼むか、です。

裁判については、なかなか内容が複雑になってきますし、裁判をしたことで逆にもらえる金額が減ってしまうことすらあります。やはり弁護士に相談されるのが一番だと思います。

われわれも成功報酬制ですので、保険金を獲得できなければ報酬を受け取ることができません。したがって、依頼者の方が損をする可能性というのはまずありません。
一度はご相談されることをお勧めいたします。 別の未来を一緒に考えていきましょう。