後遺障害の等級別の慰謝料・保険金は?具体的な違いを解説

交通事故の被害者の方が、1級〜14級の後遺障害等級を取得後、実際にどれくらいの慰謝料・保険金が受け取れるのかを解説します。
後遺障害等級が同じでも、受け取れる慰謝料・保険金は同じではありません。なぜそうなるのか、くわしく見ていきましょう。

後遺障害の慰謝料には3つの基準

後遺障害の慰謝料には「自賠責保険の基準」「任意保険の基準」「弁護士基準」の3つも基準があります。どの基準が採用されるかによって慰謝料・保険金は大きく変わってきます。

自賠責保険の基準

被害者保護のため、すべての車の所有者に加入が義務付けられている自賠責保険が定めた基準です。
加害者がもし任意保険(自動車保険)に加入していない場合は、最低限の補償としてこの基準の金額が自賠責保険から支払われます。

任意保険の基準

交通事故の加害者が入っている任意保険(自動車保険)会社が、被害者に支払う保険金の基準です。
保険会社はその基準を公表していませんが、自賠責保険を少し上回る額か、もしくはほぼ同額である場合が多いようです。
保険会社も営利企業なので、なんの交渉もしなければ保険金の支払いはなるべく少なく抑えようとします。

弁護士基準

弁護士基準は相手方の保険会社との交渉に、弁護士が入った場合に採用する基準です。
弁護士が入って交渉すれば、ほとんどのケースで示談金額が上がります。これは厳然たる事実で、我われアズール法律事務所でもほぼ全てのご依頼者が保険金の増額に成功しています。
でもなぜ、増額するのでしょう。それは弁護士が交渉するときは、実際に裁判も辞さない姿勢で裁判例に基づいた損害賠償金額で示談交渉するからです。

等級別の後遺障害慰謝料

「自賠責保険の基準」と「弁護士基準」の「後遺障害慰謝料」の相場は下の表のとおりです。等級にもよりますが、後遺障害慰謝料だけで2倍以上の金額差があります。
なお、「任意保険の基準」は非公開ですが、自賠責保険に近い金額であることが多いようです。

後遺障害等級 自賠責保険の基準※ 弁護士基準
1級(要介護) 1650万円 2800万円
2級(要介護) 1203万円 2370万円
3級 861万円 1990万円
4級 737万円 1670万円
5級 618万円 1400万円
6級 512万円 1180万円
7級 419万円 1000万円
8級 331万円 830万円
9級 249万円 690万円
10級 190万円 550万円
11級 136万円 420万円
12級 94万円 290万円
13級 57万円 180万円
14級 32万円 110万円

※2020年4月1日以降に発生した事故に適用される基準

交通事故で受け取れるその他の保険金

後遺障害慰謝料のほかに受け取れる保険金としては以下のものがあります。いずれも保険会社に任せた場合と、弁護士が入った場合とでは金額が大きく違ってきます。
なぜなら、自賠責保険では等級ごとに後遺障害による保険金(後遺障害慰謝料、逸失利益)の上限が決まっており、けがの治療に関する保険金(入通院慰謝料、治療費など)の上限は120万円までと決まっています。
任意保険会社もなるべくそれに近い金額に抑えようとします。
しかし、弁護士が入れば上限なしで、被害者の方の状況にあわせた最大限の金額が請求できます。

  自賠責保険の基準 弁護士基準
後遺障害に対する保険金
(後遺障害慰謝料、逸失利益など)
上限あり
1級(要介護):4000万円〜14級:75万円
上限なし
傷害に対する保険金
(入通院慰謝料、治療費、休業補償など)
上限120万円 上限なし

入通院慰謝料

けがの治療のために入通院したことに対する慰謝料です。入通院した期間に応じて支払われます。

逸失利益

後遺障害によって事故前と同じ仕事ができなくなり減ってしまう収入を補償するものです。

休業補償

けがの治療で仕事を休んで減ってしまった収入を補償するものです。

治療費など

けがの治療のための入院や通院、それに伴う交通費なども加害者側に請求することができます。

弁護士基準で慰謝料・保険金を受取るには

「弁護士基準」は過去の裁判例をもとにした基準です。でも実際に裁判を行わなくても、示談交渉に弁護士を入れることで「弁護士基準」の金額で示談が成立することがほとんどです。

何かと面倒だからと、保険会社にまかせたまましにしてしまうと最低限に近い金額で示談書にサインしてしまうということになりかねません。
交通事故の被害に遭い、けがの治療でつらい思いをして、後遺症まで残ったのに、最低限の保険金しか受け取れない…そんなことにならないためにも弁護士に相談してください。

弁護士が入るというと弁護士費用を気にされる方も多いと思います。しかし弁護士費用を払っても、それを上回るメリットがあります。

交通事故に強い弁護士を選ぶ

実は弁護士にも専門分野というものがあります。弁護士ならば誰でも良いわけではなく、やはり経験が豊富な交通事故専門の弁護士を選ぶことが大切です。

後遺障害等級を取得するために病院等から取り付ける資料や画像は膨大な量となります。その資料のなかから、被害者に対して重要なポイントを探し、より正しい申請をするための専門的な知識も必要です。

また、相手方の保険会社との交渉についても交通事故や後遺障害に関する深い知識や実際の経験がものを言います。交渉する保険会社の担当も専門家であり、場合によっては相手方も専門の弁護士を立ててくる場合もあります。生半可な知識では太刀打ちできません。

アズール法律事務所は設立当初から15年、交通事故を専門分野に掲げて数多くの方からご相談、ご依頼をいただいてまいりました。いつも被害者の方にとって最良の結果となるよう保険会社との交渉を行っています。

正当な慰謝料・保険金を得るために、ぜひ一度ご相談ください。一緒に違う未来のために行動しましょう。