主婦・家事従事者の休業補償とは?計算方法などを解説

専業主婦の方の休業損害

専業主婦の方や家事に従事されている方は、実収入がありません。実収入が亡くても休業補償は得られるのでしょうか?答えはイエスです。

確かに、主婦などの家事従事者は、家事をすることでお給料をもらっているわけではありません。しかし、交通事故によるケガのために家事ができなければ、家族や家政婦など他の人に家事を代わってもらわなくてはなりません。そのため、主婦業も休業損害の対象となるのです。

主婦の基礎収入額・計算方法

主婦業に明確な収入金額はありません。ではどのような計算をするのでしょうか?

そこで、基礎収入額は「賃金センサス[※1]」という統計を使うことが広く行われています。主婦はこの賃金センサスの、女子労働者全年齢の平均賃金をベースに決められます。これを基に基礎収入額を計算し、さらに家事を行えなかった期間を掛けて休業補償の金額を計算します。

賃金センサスを基にした1日当たりの収入×家事を行えなかった期間=主婦の休業補償

ちなみに賃金センサスの元となる賃金構造基本統計調査は、厚生労働省のサイトなどからも見ることができます。

働いていてパート収入等がある兼業主婦の場合は?

パートや内職等をかけもつ兼業主婦の場合の基礎収入額は、女性労働者全年齢の平均賃金額と実際の収入を比べて、どちらか高額の方を基礎として計算します。

  • 賃金センサス > 実収入 なら、賃金センサス
  • 実収入 > 賃金センサス なら、実収入

家政婦を雇った場合は別に休業補償がもらえるの?

家政婦を雇った場合、家政婦の費用は休業補償として支払われることがあります。ただし、家政婦の費用の他に休業補償がもらえるわけではありません。あくまで「家事」ができなかった補償ですので、家事を家政婦がやった場合、家政婦の費用のみ支払われることになります。

専業主婦の休業期間はどうやって証明するの?

会社から休業損害証明書を発行してもらえる会社員とはちがい、主婦の場合、家事ができなかった期間を証明するのは困難です。実際、任意保険会社は、主婦など家事従業者の休業日数に対して厳しい判定をする傾向にあります。休業日数を証明するために医師の診断書などが必要になるケースがあります。証明できそうなものはしっかりと保管しておくようにしましょう。

主婦の休業補償の特殊性

上記のように、保険会社は家事従事者の休業日数や賃金センサスのどの項目に該当するかなどを争ってくることがしばしばあります。また、休業損害のほかに、慰謝料や逸失利益[※2]など金額が大きいものについての3つの基準を理解することも必要です。

こういった金額の大きい項目の場合、弁護士が介入することで何倍にも保険金額が上がることがあります。ますは知ることこそが正当な保険金を得るための第一歩だと思います。