交通事故治療費について気をつけるべき7つのポイント

治療費イメージ

交通事故で病院で治療した場合、一番最初に直面する「治療費」について。 誰がこの費用を払うのか、また立て替えて支払う場合の注意点などをまとめてご紹介します。

交通事故の治療費、誰が払うの?

交通事故で病院での治療が必要となった場合、もちろん治療費がかかります。ではこの交通事故の治療費、誰が病院に払うのでしょうか?

病院としては基本的に治療をした被害者本人に請求するのが一般的です。したがって、被害者本人から病院にいわないとそのまま被害者本人に請求されてしまいます。では被害者としては病院にどう伝えていけばよいのでしょうか?

まずは「交通事故の被害者なので、加害者の保険会社に直接請求して欲しい」と病院に相談する必要があります。

しかし病院によっては、保険会社とのやり取りを面倒がって対応してくれないところもあります。また、過失割合に争いがあるなど場合によっては保険会社が支払いを拒む場合もあります。

・基本は相手方保険会社に支払ってもらう
・病院が応じてくれないこともある
・相手方保険会社が拒否する場合もある

被害者本人が立替払いをする場合、何に気をつける?

保険会社が払ってくれない場合には、被害者本人がいったん立て替えて支払うしかありません。ただ、被害者が立て替える場合でも必ず領収書を保管しておきましょう。そうでないと後日請求できなくなってしまう可能性もあります。

また必ず自分の健康保険を使うようにしましょう。

ここで一つ問題があります。
交通事故に遭い病院で治療した際、健康保険は使えるのでしょうか。病院によっては、自由診療といって、保険が効かないと説明するところもあります。

しかし、交通事故でも健康保険はもちろん使えます。
もし病院で「交通事故では健康保険は使えない」と言われたらそれは病院側の間違いです。きちんと主張して、健康保険を使うようにしましょう。

 なお、相手方保険会社が治療費の支払いを拒否した場合でも、自分の保険を使える場合があります。自分が人身傷害補償保険に加入していれば自分の保険から治療費等が支払われますので、自分の任意保険の契約内容もしっかり確認しましょう。

・領収書を保管
・自分の健康保険を使う
・自分の任意保険を確認する

治療費が払えない場合

交通事故にあって病院で治療を長期間続けると、どうしても自己負担が発生します。治療を継続したいが、治療費の立替額が高額で払えなくなってきた場合、どうすればよいでしょうか。

こういった場合の対応としては以下のような方法があります。

・健康保険を使う
・自分の人身傷害補償保険を使う
・相手の自賠責保険の仮渡金、内払い制度を使う
・裁判所に仮払仮処分の申立てをする

こういった手続きはかなり面倒なので詳しくは交通事故を専門に扱う弁護士までご相談ください。

健康保険を使う場合の第三者行為の届出

交通事故における第三者行為の届出とは、他人(第三者)にケガをさせられたことを健康保険組合に届け出て、後日健康保険組合から加害者へ請求するための手続きです。詳しい手続はケガをされたご本人が加入している健康保険組合にご確認下さい。

もし病院から健康保険の使用を拒まれた場合でも、「第三者行為の届出中です」といって健康保険の使用を認めてもらいましょう。

支払ってもらえない治療費

以下の治療費は、相手方から支払いを拒否される場合があります。

持病の治療費交通事故の前から患っていた持病の治療費
過剰診療診察行為の医学的必要性または合理性がないと判断される診療
高額診療特別な理由がないにも関わらず、一般の診療費水準に比べて著しく高額な診療

整骨院などの治療費は払ってもらえる?

交通事故では、医師のほかに、整骨院などに通われる方もいらっしゃいます。では整骨院での治療は保険金支払いの対象になるのでしょうか。

答えはイエスです。

ただ、整骨院での治療は部位数が限られたり、正式な診察とは見なされなかったりします。したがって、どういった通い方が一番よいのか、一度ご相談いただくのが確実だと思います。

将来の治療費は?

また、将来的に手術を行わなければならないと判断された場合は、その手術費も治療費として損害賠償の対象となります。尚、症状固定後の治療費は、原則的に治療費としては認められません。

治療費以外の交通費や付添費、慰謝料や休業損害などについてお知りになりたい方は下記リンク先から「交通事故での保険金としてもらえるお金 各項目をQ&Aで解説」をご覧下さい。