健康保険と労災保険のどちらを使う?交通事故の保険について解説

健康保険被保険者証

交通事故による病院での治療。もちろん治療費がかかりますが、健康保険と労災保険のどちらを使うのが良いでしょう? 交通事故の専門家である弁護士がわかりやすく解説します。

交通事故の治療、そもそも健康保険が使える?

交通事故の被害者が治療する際に関連する保険として、健康保険と労災保険(労働者災害補償保険)があります。では交通事故に遭い病院で治療した際、健康保険は使えるのでしょうか。病院によっては、自由診療といって、保険が効かないと説明するところもあります。

しかし、交通事故でも健康保険はもちろん使えます。もし病院で「交通事故では健康保険は使えない」と言われたらそれは病院側の間違いです。

では健康保険と労災保険、どちらを使う?

通勤中や勤務中に交通事故が起きた場合には労災保険が適用されます。労災保険が適用された場合、健康保険は適用されません。では、健康保険と労災保険、どちらを使えばいいのでしょうか。

答えは、労災保険です。

自己負担がない労災保険のほうが被害者にとっては有利だからです。また休業補償についても有利だと言われています。

ただひとつ注意しておくことがあります。

もし通勤時や勤務時の交通事故で労災保険を使う場合には、窓口で健康保険証は出さずに、労災である旨を初回から伝えて下さい。健康保険を使ってしまい後から労災保険へ切り替えることも可能なのですが、手続きがとても面倒で時間がかかってしまいます。

交通事故の保険適用のために気をつけることは?

交通事故で保険を使う際に気をつけることがあります。それは交通事故証明書を取らなければいけないということです。事故証明書がないと、加害者に請求することができませんので、事故発生時は必ず警察に届け出て下さい。