交通事故の弁護士費用

保険金の増額がなければ 弁護士報酬はいただきません

初期費用

相談料0円

着手金0円

弁護士費用
損害賠償金の取得後のお支払いです

成功報酬:20万円+獲得金額の10%(税別)

または【20万円+保険会社の提示額からの増額分の20%(税別)】相談者の方に有利な方をお選びいただけます

※実費および消費税は別途発生します。
※裁判、調停、異議申立て、紛争処理申請は別途費用が発生します。
※弁護士費用特約利用の場合は別の料金体系となります

弁護士費用特約が ご利用いただけます

弁護士費用特約利用
最大300万円まで
弁護士費用の自己負担はありません

※弁護士費用特約利用時の弁護士費用については日本弁護士連合会リーガルアクセスセンター(LAC)の基準に準じた費用となります。
※ ご契約されている保険会社の条件によっては自己負担が発生する場合があります。

よくあるご質問

着手金無料、成功報酬制とはどういうことですか?

弁護士費用が交通事故被害者の方の負担になっていけないという思いから、アズール法律事務所では相談料・着手金を無料としています。

実際に弁護士が保険会社と交渉したり裁判を行うには弁護士費用がかかりますが、相手方の保険会社から回収した損害賠償金からお支払いいただく「成功報酬制」としています。被害者の方が実際に費用を支払うということはまずありません。安心してご相談ください。

保険金が増額できなかった場合、弁護士費用でマイナスになりませんか?

これまでアズール法律事務所が受任した数百件の中で、増額できなかった例は2件だけです。その場合も弁護士の報酬がゼロになっただけで、依頼者の方には全くマイナスはありませんでした。

ほぼ100%、弁護士費用でマイナスになったことはありません。

弁護士をつけると必ず裁判になるのですか?

交通事故の場合、実は裁判にまでなる案件はあまり多くありません。多くの交通事故が裁判に至る前に解決します。

弁護士費用特約というのは使えますか?

被害者の方やご家族が加入している自動車保険(任意保険)に「弁護士費用特約」のオプションがついている場合、最大300万円までの弁護士費用は保険会社に負担してもらえます。

なお、一部の火災保険や傷害保険などにも弁護士費用特約のオプションがついている場合がありますので、ご自身やご家族のの加入している保険を確認してみてください。

弁護士費用特約は限度額があると聞きました。超えた場合支払えるか不安です。

大部分の弁護士費用特約は限度額が300万円となっています。

ほとんどの交通事故で弁護士費用はこの限度額に収まります。一部重大な交通事故の場合は限度額を超えることもありますが、その場合も保険会社から支払われる保険金から差し引くことができるのでご安心ください。

ちなみに、アズール法律事務所では、ご本人から直接弁護士費用をお振込みいただいたことは一度もありません。

弁護士費用特約を使うと、次の年から自動車保険料が上がるのでしょうか?

弁護士費用特約を使っても、自動車保険の保険料は上がりません。ご安心ください。