交通事故弁護士 > 後遺障害・交通事故後遺症 > 手の指を切断してしまった場合の後遺症等級は?認定のポイントは?

手の指を切断してしまった場合の後遺症等級は?認定のポイントは?

このページでは交通事故により手の指を切断してしまった場合の後遺障害等級について紹介します。
該当する後遺障害別等級表の記載に、わかりやすい言葉での【解説】を添えてあります。ぜひ参考にしてください。

なお、「手指を失った」と判断されるには、親指は第1関節、そのほかの指は第2関節から先を失っている(切断している)ことが基本的な条件となります。それよりも失った範囲が小さいものは「指骨の一部を失ったもの」となります。

3級5号|両手の手指の全部を失ったもの

3級5号 両手の手指の全部を失ったもの

【解説】両手の指をすべて失った場合は3級5号に該当します。

後遺障害等級3級の慰謝料は?

6級8号|1手の5の手指又は親指を含み4の手指を失ったもの

6級8号 1手の5の手指又は親指を含み4の手指を失ったもの

【解説】片手の指をすべて、もしくは親指を含む4本の指を失った場合は6級8号に該当します。

後遺障害等級6級の慰謝料は?

7級6号|1手のおや指を含み3の手指を失ったもの又はおや指以外の4の手指を失ったもの

7級6号 1手のおや指を含み3の手指を失ったもの又はおや指以外の4の手指を失ったもの

【解説】片手の親指を含む3本の指を失った場合、または親指以外の指4本を失った場合は7級6号に該当します。

後遺障害等級7級の慰謝料は?

8級3号|1手のおや指を含み2の手指を失ったもの又はおや指以外の3の手指を失ったもの

8級3号 1手のおや指を含み2の手指を失ったもの又はおや指以外の3の手指を失ったもの

【解説】片手の親指を含む2本の指を失った場合、または親指以外の指3本を失った場合は8級3号に該当します。

後遺障害等級8級の慰謝料は?

9級12号|1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失ったもの

9級12号 1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失ったもの

【解説】片手の親指を失った場合、または親指以外の指2本を失った場合は9級12号に該当します。

後遺障害等級9級の慰謝料は?

11級8号|1手のひとさし指、なか指またはくすり指を失ったもの

11級8号 1手のひとさし指、なか指またはくすり指を失ったもの

【解説】片手の人差し指、またはくすり指を失った場合は11級8号に該当します。

後遺障害等級11級の慰謝料は?

12級9号|1手のこ指を失ったもの

12級9号 1手のこ指を失ったもの

【解説】片手の小指を失った場合は12級9号に該当します。

後遺障害等級12級の慰謝料は?

13級7号|1手のおや指の指骨の一部を失ったもの

13級7号 1手のおや指の指骨の一部を失ったもの

【解説】片手の親指の先端、第一関節より先の一部の骨を失っている場合は13級7号に該当します。

後遺障害等級13級の慰謝料は?

14級6号|1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

14級6号 1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

【解説】片手の親指以外の以外の指の先端、第一関節より先の一部の骨を失っている場合は14級6号に該当します。

後遺障害等級14級の慰謝料は?

指を切断した場合の認定のポイントは?

交通事故の後遺障害等級では、必ず医師による診断書が必要です。

ではどういった診断書が必要なのでしょうか?どういった検査や書類が必要でしょうか?
それは個々の案件次第というところもありますが、まずは次のポイントに気をつけましょう。

  • レントゲン(XP)、MRI等の患部を撮影した画像
  • 医師や理学療法士による可動域制限の角度測定
  • 経過診断書や後遺障害診断書の適切な記載

しっかりとした後遺障害等級を取るためのポイントは?

後遺障害等級は、自賠責調査事務所というところが判断をします。
そのため、この自賠責調査事務所にしっかりとしたアピールをしていくことが非常に重要です。

ではどうやってアピールしていくか?ポイントはいくつかあります。

  • しっかりとした書類を提出すること(特に診断書や画像など)
  • それには保険会社に任せきりにせず、被害者請求を行うこと
  • 被害者請求もポイントを理解している専門の弁護士に依頼すること

しっかりとした等級を取るには、しっかりとした書類が欠かせません。ただ相手方の保険会社任せでは、きちんとした書類は集めてくれません。自ら「被害者請求」を行うことが大切です。

だだし「被害者請求」では資料の取り寄せや書類の準備等に相当な手間がかかります。症状の立証方法や主張の仕方にもコツが必要になります。そういう時は、交通事故と後遺障害についての経験豊富な弁護士に相談するのがやはり近道と言えます。

被害者請求について くわしくはこちら

等級を取った後の示談交渉を弁護士に任せることで、受け取る保険金が数倍になることも

弁護士が入ることにより慰謝料の算定は最も高い「弁護士(裁判)基準」で行われます。このことにより最終的に受け取れる金額は、保険会社に任せた場合よりも大幅に増額となるケースがほとんどです。

3つの基準 説明図

後遺障害等級が決まった後でも決して遅くはありません。ぜひ一度交通事故を専門に扱う法律事務所にご相談ください。

→肩鎖関節脱臼で12級5号、慰謝料・逸失利益が2倍に増額した事例

 


【ご注意】本ページの内容は、執筆時点で有効な法令・法解釈・基準に基づき、アズール法律事務所が一般の方向けにわかりすく書き下ろしたものです。記載どおりの後遺障害等級が取得できることを保証するものではありません。

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

<p>弁護士の中原敏雄です。</p>
<p>私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。</p>
<p>今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。</p>
<p>交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。<br />
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。<br />
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。</p>
<p>このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。</p>
<p>また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。</p>
<p>後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。</p>

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

上へ