足の指が切断された場合の後遺障害等級をくわしく解説

交通事故によるけがで足の指が切断されて失われた場合は「足指の欠損障害」として後遺障害等級が認められます。そして足のどの指を失ったかによって後遺障害等級が決まります。 ただし、ここでいう「足指を失った」と判断されるのは足の … 続きを読む 足の指が切断された場合の後遺障害等級をくわしく解説