交通事故弁護士 > 後遺障害・交通事故後遺症 > 後遺障害12級の取得方法と慰謝料

後遺障害12級の取得方法と慰謝料

後遺障害等級12級

後遺障害12級とされる症状にはいろいろな症状があります。

ここでは、

  • 体のどの部分にどういう後遺障害が残ると12級が取れるか
  • 後遺障害12級を取るにはどうすれば良いか

その方法をご説明します。

さらに

  • 後遺障害12級が取れると慰謝料はいくら支払われるのか
  • そのほかにもらえるお金にはどういった種類があるのか

をご説明します。

後遺障害12級が取れる後遺障害の症状とは

後遺障害12級が取れる症状はいろいろなものがあります。 体のどの部分に後遺障害が残れば後遺障害12級が取れるのかを見ていきましょう。

体の部分

後遺障害12級の何号が取れるか

【1号】一眼の眼球に著しい調整機能障害又は運動障害を残すもの。

【2号】一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

【3号】7歯以上に対し歯科補てつを加えたもの

【4号】一耳の耳殻の大部分を欠損したもの

体の体幹骨

【5号】鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの

【8号】長管骨に変形を残すもの

腕・指

【6号】一上肢の三大関節中の一関節に機能の障害を残すもの

【9号】一手の小指を失ったもの

【10号】1手の人差し指、中指又は薬指の用を廃したもの

 

【7号】一下肢の三大関節中の一関節に機能の障害を残すもの

【11号】1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの

【12号】1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの

痛み

【13号】局部に頑固な神経症状を残すもの

顔のキズ

【14号】外貌に醜状を残すもの

後遺障害12級を取るために必要なポイントとは

12級1号 一眼の眼球に著しい調整機能障害又は運動障害を残すもの

「一眼の眼球」とは、要するに片方の眼の玉のことです。 「調整機能障害」とは、眼のピントを合わせる調整機能が低下したということです。「視力低下」とはちょっと違い、老眼のようなものです。 「アコモドポリレコーダー」という器械を使って測定します。2分の1以下に低下している場合に12級1号が取得できます。

「運動障害」とは、眼の玉の動きが制限されることです。 眼は上下・左右・斜めに動きますが、筋肉が麻痺して動かなくなった状態が「運動障害」です。 「ヘスコオルジメーター」という器械を使って測定します。2分の1以下に低下している場合に12級1号が取得できます。

12級2号 一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

「まぶた」は、眼を覆う皮膚の部分のことです。 「まぶたに著しい運動傷害を残す」場合というのは、実は2種類あります。「開かない」場合と「閉じることができない」場合です。 「開かない」場合とは、まぶたを開こうとしても「瞳孔」(眼の黒い部分のさらに中心部分)まで開くことができない状態のことをいいます。 「閉じることができない」場合とは、まぶたを閉じようとしても「角膜」(こちらは眼の黒い部分です)を完全には覆えない状態のことをいいます。

12級3号 7歯以上に対し歯科補てつを加えたもの

「歯科補てつ」とは、交通事故で抜けたり欠けてしまったりした歯を義歯などで補修することをいいます。 歯の後遺障害診断書は、他の症状とは違い、特別な後遺障害診断書を書いてもらう必要があります。

12級4号 一耳の耳殻の大部分を欠損したもの

「一耳の耳殻」とは、平たくいうと「耳たぶ」のことです。 「大部分の欠損」とは、耳たぶの2分の1以上を失ったことをいいます。

体の体幹骨

12級5号 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの

「体幹骨」とは、鎖骨・胸骨・ろく骨・けんこう骨・骨盤骨のことです。背骨や手足の骨は別の等級になります。 「著しい変形」とは、裸になってみて、これらの骨の変形が外から見てわかる程度のものかどうかで判断します。どんなに変形していても、外から見てわからないと12級5号を取得することができません。

体幹骨の説明

12級8号 長管骨に変形を残すもの

「長管骨」とは腕や足の長い骨のことで、

  • 「上腕骨」
  • 「橈骨(とうこつ)」
  • 「尺骨(しゃっこつ)

などがあります。こちらも外から見てわかることが条件になってきます。

長管骨の説明

腕・指

12級6号 一上肢の三大関節中の一関節に機能の障害を残すもの

「一上肢」とは「片方の腕」のことです。「三大関節」とは、要するに肩・ひじ・手首の関節のことです。

「機能の障害を残すもの」とは、次のことをいいます。

関節の動きが75%以下(4分の3以下)に制限( 医師や理学療法士などにより肩などの関節の動きを器具を使って角度を測定します)

腕の3大関節

12級9号 一手の小指を失ったもの

「一手の小指」は、片方の手の小指のことです。「失ったもの」とは、小指の先から数えて2番目の関節以上に指を切断した場合をいいます。

12級10号 1手の人差し指、中指又は薬指の用を廃したもの

「用を廃したもの」とは下記のものをいいます。

  • 末節骨の長さを2分の1以上失った
  • 中手指関節または近位指節間関節の可動域が健康な側の可動域の2分の1以下
  • 指の深部感覚・表在感覚が完全に失くしたもの

準用 前腕の回内・回外については、可動域が2分の1以下に制限されているもの

準用 時々硬性補装具を必要とするもの

準用 習慣性脱臼

「準用」とは、後遺障害等級の表には書かれていないけれども、12級相当のものとして扱う、とされている症状です。

12級7号 一下肢の三大関節中の一関節に機能の障害を残すもの

「一下肢」は要するに片方の足のことです。「三大関節中の一関節」とは、股関節・ひざ関節・足関節のことです。「機能の障害を残すもの」とは、健康な側の足と比べて、曲がらなくなった足の動きが4分の3以下になってしまったことをいいます。

下肢の三大関節

12級11号 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの

12級11号にいう「失ったもの」とは、足の指のうち、2番目の指をPIP関節以上に失くしたものをいいます。

12級12号 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの

12級12号にいう「用を廃したもの」とは、2分の1以上曲がらなくなったものをいいます。

痛み

12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの

「頑固な神経症状」ですが、痛みが強いことではありません。この表現は実は正確ではありません。等級の認定を受けるには、「頑固」かどうかよりも「客観的」かどうかがポイントになります。画像などで異常が見られることが重要です。

顔のキズ

12級14号 外貌に醜状を残すもの

12級14号にいう「外貌」とは、頭部・顔面部・頸部(首)です。 「醜状を残す」とは、以下の3つのことをいいます。

  • 頭については、鶏卵程度の傷あとまたは頭がい骨の鶏卵大程度の欠損
  • 顔面部については、10円玉以上の傷あとまたは長さが3センチメートル以上の線状の傷あと
  • 頸部(首)については鶏卵大以上の傷あと

 

後遺障害12級外貌醜状説明図

後遺障害12級を取る方法とは(被害者請求について)

ここまではどういう後遺障害で12級が取得できるか、をご紹介しました。 ただ、実際に12級を取るためにはきちんとした申請方法による必要があります。 後遺障害等級は、「損害保険料率算出機構」というところに「申請」をして等級を認めてもらう必要があります。2通りの申請方法があります。「事前認定」と「被害者請求」です。

事前認定

相手方(加害者)の保険会社が申請を行う方法

事前認定の流れ

被害者請求

被害者(もしくは被害者側の弁護士)が申請を行う方法

被害者請求の流れ

要するに相手方が申請するのが「事前認定」、被害者側が申請するのが「被害者請求」です。

「被害者請求」では、被害者側の弁護士が被害者に有利になるようにレントゲン画像などをきちんと集めて提出します。また被害者に有利なように意見書などを作成することもあります。

一方、「事前認定」を行う保険会社は被害者にとっては相手方です。相手方が被害者に有利なように申請をしてくれるはずがありません。必要と思われる書類や画像が足りない場合であっても、そのまま申請してしまいます。 ときには被害者に不利な意見書を一緒に提出する場合もあります。

アズール法律事務所でも、保険会社が提出した「この人はこんなに軽いので等級にはあたりません」というような書類が提出されているのを何度も見たことがあります。 やはり経験のある弁護士に依頼をして「被害者請求」の方法で申請するのが一番だと思います。

被害者請求とは?6つの段階で知る

後遺障害12級の慰謝料とは

後遺障害12級の【慰謝料】には「3つの基準」がある

後遺障害12級を認めてもらって、やれやれ終わり、ではありません。ここからが実際の慰謝料などのお金の問題となってきます。 実は交通事故で後遺障害12級を取得した場合、被害者に支払われる【慰謝料】には3つの基準というものがあります。

  • 自賠責の基準
  • 任意保険会社の基準
  • 弁護士基準

の3つです。

3つの基準

後遺障害12級の「自賠責の基準」における【慰謝料】

後遺障害12級の「自賠責の基準」における【慰謝料】は、93万円です。ここで、もしかしたら「あれ?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。12級の慰謝料は「224万円」じゃないの?と。

確かに後遺障害12級に認定されると、自賠責保険からは全部で224万円が支払われます。ただ、この224万円には逸失利益などのその他の金額も含まれています。そのため、純粋に【慰謝料】ということだけで見ますと、自賠責保険から支払われる【慰謝料】は93万円なのです。

12級自賠責保険基準の慰謝料

後遺障害12級の「任意保険会社の基準」における【慰謝料】

次は、後遺障害12級の「任意保険会社の基準」における【慰謝料】です。こちらは自賠責程度か、若干上回る程度です。ずいぶんあいまいな表現だと思われるでしょう。しかし実際に任意保険会社は各社の社内での慰謝料額を公表していません。そのため任意保険会社の基準はおおよそのところで予想するしかありません。

実際に保険会社といつも交渉を行っているアズール法律事務所の交通事故専門チームでの感覚からすると、任意保険会社の提示は、自賠責を若干上回る額か、自賠責そのものの額である場合が多いように感じます。

任意保険の基準

後遺障害12級の「弁護士基準」における【慰謝料】

最後に、後遺障害12級の「弁護士基準」における【慰謝料】です。こちらは約290万円です。「自賠責での基準」が93万円ですから、「弁護士基準」になるだけで200万円も違いが出てきます。

なぜ交通事故の【慰謝料】に3つも種類があるのか

では、どうして交通事故の【慰謝料】に3つも種類があるのでしょうか。 「自賠責での基準」については、被害者に最低限の補償をするという自賠責保険の性質から、金額も最低限のものにならざるを得ません。 では「任意保険会社の基準」と「弁護士基準」はなぜ違うのでしょうか。保険会社は、なぜ「弁護士の基準」での慰謝料を交通事故の被害者に支払わないのでしょうか。

それは「保険会社の営利のため」でしかありません。当然「弁護士の基準」での慰謝料をすべての交通事故被害者に払っていれば、支払額は非常に大きなものになります。12級でも約200万円の差があるわけですから、1級にでもなろうものなら何千万円も違いが出てくることになります。しかし、保険会社の営利のために交通事故被害者に支払われる【慰謝料】が低く抑えられることは、被害者からすれば到底納得できるものではありません。

後遺障害12級の【慰謝料】を「弁護士の基準」にするには

ではもっとも高額な「弁護士の基準」で12級の【慰謝料】を受け取るにはどうすればいいのでしょうか? 「弁護士の基準」とは「裁判の基準」ですから、訴訟すれば12級の「裁判の基準」での【慰謝料】を獲得できる可能性はあります。ただ、裁判には当然膨大な書面を提出する必要があります。また相手方である保険会社も弁護士を立ててきますから、相手方の弁護士が出してきた書面にしっかりと反論していく必要があります。 過失割合などはなかなか反論が難しく、下手をすると裁判をしたら金額が下がってしまった、などということも十分あり得ます。 結局は、被害者側の弁護士に依頼するのが一番確実だといえます。

弁護士に依頼すれば相場が見えてきます。弁護士であれば保険会社も「裁判所での基準」で話をしますから、当然被害者の受け取る金額も上げることができます。弁護士の交渉次第では裁判をしなくても「裁判の基準」での【慰謝料】を受け取ることも可能なのです。

慰謝料以外にもらえるお金には何があるか

上記の3つの【慰謝料】という話は他に支払われるお金にも関係してきます。

などです。

入通院慰謝料

これは、後遺障害に対する慰謝料と同じように、精神的苦痛に大して支払われる慰謝料です。つまり症状固定より前を【入通院慰謝料】、症状固定より後を【後遺障害慰謝料】といいます。 入通院慰謝料の計算は入院期間と通院期間から下の表によって行います。

  入院 1 ヶ月 2 ヶ月 3 ヶ月 4 ヶ月 5 ヶ月 6 ヶ月 7 ヶ月 8 ヶ月 9 ヶ月 10 ヶ月 11 ヶ月 12 ヶ月 13 ヶ月 14 ヶ月 15 ヶ月
通院   53 101 145 184 217 244 266 284 297 306 314 321 328 334 340
1ヶ月 28 77 122 162 199 228 252 274 291 303 311 318 325 332 336 342
2ヶ月 52 98 139 177 210 236 260 281 297 308 315 322 329 334 338 344
3ヶ月 73 115 154 188 218 244 267 287 302 312 319 326 331 336 340 346
4ヶ月 90 130 165 196 226 251 273 292 306 316 323 328 333 338 342 348
5ヶ月 105 141 173 204 233 257 278 296 310 320 325 330 335 340 344 350
6ヶ月 116 149 181 211 239 262 282 300 314 322 327 332 337 342 346
7ヶ月 124 157 188 217 244 266 286 304 316 324 329 334 339 344
8ヶ月 132 164 194 222 248 270 290 306 318 326 331 336 341
9ヶ月 139 170 199 226 252 274 292 308 320 328 333 338
10ヶ月 145 175 203 230 256 276 294 310 322 330 332
11ヶ月 150 179 207 234 258 278 296 312 324 332
12ヶ月 154 183 211 236 260 280 298 314 326
13ヶ月 158 187 213 238 262 282 300 316
14ヶ月 162 189 215 240 264 284 302
15ヶ月 164 191 217 242 266 286

(単位:万円)

この表は、あくまで弁護士基準の表です。保険会社に任せっきりでは、この3分の1も取れないと思います。

逸失利益

これは、後遺障害の【慰謝料】と違い、将来減ってしまう収入に対して支払われる賠償です。 逸失利益は、下記の方法で計算します。

【元々の収入】×【喪失率】×【金利を考慮した係数(ライプニッツ係数)】

こう書くと、誰が計算してもよいように見えますが、実は違います。 そもそも【元の収入】はどうやって決めるのでしょうか?【喪失率】ってどうやって決めるのでしょうか?【係数】って何でしょうね?

これら一つ一つについて、細かなノウハウがないと保険会社の言うがままになります。多少おかしいと思っても、対抗できる知識がないので、言い返すことができないのです。 そこで交通事故に精通した弁護士です。我々は日々の保険会社との交渉で、どうすれば問題を突破できるのかのノウハウがあります。 まずは一歩踏み出していただき、一度は弁護士に相談してみてください。


後遺障害12級の解決事例

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

<p>弁護士の中原敏雄です。</p> <p>私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。</p> <p>今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。</p> <p>交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。<br /> また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。<br /> 何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。</p> <p>このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。</p> <p>また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。</p> <p>後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。</p>

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

上へ