交通事故弁護士 > 後遺障害・交通事故後遺症 > 14級9号後遺障害等級証明書の実物を紹介。弁護士がポイントを解説

14級9号後遺障害等級証明書の実物を紹介。弁護士がポイントを解説

  • 14級9号の後遺障害等級証明書(認定票)の実物とは?
  • 14級9号の後遺障害等級証明書、どこがポイント?
  • 14級9号の後遺障害等級「結論」について
  • 14級9号の「理由」について①~「経年性」
  • 14級9号の「理由」について②~「他覚的」
  • 14級9号の「理由」について③~「治療状況、症状推移なども勘案すれば」
  • 14級9号の後遺障害等級証明書から見えてくるもの
  • 実際に金額の交渉をするにあたって

14級9号の後遺障害等級証明書(認定票)の実物とは?

この後遺障害等級証明書は、14級9号に認定されたものの実物です。アズール法律事務所で被害者請求を行いました。

certificate_14_9

画像だけでは見にくいので、以下に全文を掲載しました。

被害者○○様の件

<結論>

自賠法施工令別表第二第14級9号に該当するものと判断します。

<理由>

頚椎捻挫後の頚部・背部の痛み、右手のシビレ等の症状については、画像上、経年性の変形所見は認められるものの、本件事故による骨折等の明らかな外傷性変化は認めがたく、その他診断書等からも、症状の裏付けとなる客観的な医学的所見には乏しいことから、他覚的に神経系統の障害が証明されるものとは捉えられません。

しかしながら、照会・回答書等の治療状況、症状推移なども勘案すれば、将来においても回復が困難と見込まれる障害と捉えられることから、「局部に神経症状を残すもの」として別表第二第14級9号に該当するものと判断します。

14級9号の後遺障害等級証明書、どこがポイント?

後遺障害等級証明書は、法律上の特別の法人である「損害保険料率算出機構」(JA共済の場合は「JA共済損害調査株式会社」)の判断を示すものですから、審査結果が事案によってまちまちでは困ります。したがって、同じような言い回しが使われていることが多いです。

以下では、実際の後遺障害等級証明書の内容を見ていきましょう。

14級9号の後遺障害等級「結論」について

まずは<結論>が示されています。「自賠法施行令別表第二」とは、後遺障害別の等級表のことです。ここでは「14級9号」に該当するという判断がなされています。

14級9号の「理由」について①~「経年性」

大事なのは、後遺障害等級証明書の<理由>に何が書かれているか、です。

ここでは、<理由>が2つの段落に分かれています。まずは第1の段落から見ていきましょう。

「頚椎捻挫後の頚部、背部の痛み、・・・・・経年性の変形所見は認められるものの、」

ここで一番大事なのは「経年性の変性所見は認められるものの」という部分です。よくある言い回しです。

「椎間板ヘルニア」という言葉をお聞きになったことがあるかと思います。この「経年性の変形所見」とは、「椎間板ヘルニア」が交通事故によるものではなく、年齢を重ねたことによりもともとあった、ということをいっています。要するに、「ヘルニアがあるのは認めますが、事故のせいではないですね、年齢的にもともとあったものですね」ということです。

14級9号の「理由」について②~「他覚的」

次に証明書の第1段落の後半です。

「・・・・他覚的に神経系統の障害が証明されるものとは捉えられません。」

これもよくある言い回しです。「他覚的に」というのは「客観的に」というような意味で、要するに画像を見て異常が客観的に読み取れることをいいます。「他覚的に・・・・捉えられません。」というのは、「痛いということですが、客観的には画像などの異常は見られません。」ということになります。

14級9号の「理由」について③~「治療状況、症状推移なども勘案すれば」

最後に、証明書の第2段落です。

「照会・回答書等の治療状況・症状推移なども勘案すれば・・・・「局部に神経症状を残すもの」として別表第二第14級9号に該当するものと判断します。」

ここでは、結論として14級9号にあたるとされていますが、その前の部分が結構大事です。

「照会・回答書等の治療状況・症状推移なども勘案すれば」の部分です。先ほど痛みが「他覚的」ではないとされていたので、これと併せて読むことになります。「他覚的ではないけど、いろいろ見れば痛いということは分かりました。14級9号と認めます。」ということになります。

14級9号の後遺障害等級証明書から見えてくるもの

この後遺障害等級証明書からは、次のことがいえます。

まず、症状が「他覚的」かどうか、ということ。骨折など、「他覚的」な症状であれば、14級を上回る等級を目指せるということです。14級と認められても、ほかに「他覚的」といえる資料などがあれば、12級以上が認められるかもしれません。

次に、「他覚的」でなくても、いろいろと資料を出すことで14級9号に認めてもらえるということです。

14級9号は主観的といわれますが、それは違います。痛みは医学的には測れないかもしれませんが、いろいろな資料を出すことで客観的な症状であることを証明するのです。

そのためには必ず被害者請求をする必要があります。アズール法律事務所では、もちろん全件において被害者請求を行っています。

実際に金額の交渉をするにあたって

14級9号に認めてもらうことは非常に大事ですが、それはあくまで正当な保険金を獲得するためです。ただ等級を取っただけではだめで、実際の金額の交渉が一番大事です。

保険会社と交通事故の金額の交渉をするにあたっても、さまざまなポイントがあります。

保険金の3つの基準

ここでは書ききれませんので、等級が取れたらお気軽にアズールにご相談いただければと思います。

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

<p>弁護士の中原敏雄です。</p>
<p>私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。</p>
<p>今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。</p>
<p>交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。<br />
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。<br />
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。</p>
<p>このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。</p>
<p>また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。</p>
<p>後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。</p>

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

▲Pagetop