交通事故弁護士 > 後遺障害・交通事故後遺症 > 後遺障害3級とは?その内容と取得方法を交通事故弁護士が解説

後遺障害3級とは?その内容と取得方法を交通事故弁護士が解説

後遺障害等級3級

後遺障害3級は、交通事故で後遺障害が残ってしまった場合に取得できる等級です。 事故の後、一定の時間がたってから等級の申請を行う必要があります。

後遺障害等級3級を取得できる後遺障害とは

後遺障害3級に認められる後遺障害にはいろいろなものがあります。 体のどの部分に後遺障害が残れば後遺障害等級3級が認められるかを見ていきましょう。

身体の部分 後遺障害等級3級の何号がとれるか
3級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
3級2号 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
神経・精神 3級3号 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
臓器 3級4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することが出来ないもの
3級5号 両手の手指の全部を失ったもの

後遺障害等級3級に取得するのに必要なポイントとは

眼 

3級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの

1眼とは片方の眼のことですから、一方の眼が見えなくなり、かつ、もう片方の眼の視力も0.06以下となった場合、3級1号に認められます。 ここでいう「視力」とは、コンタクトレンズやメガネをかけても0.06以下であることが条件です。 したがって、メガネをかければ1.0、というような場合は認定されません。

また、視力の測定は、学校の視力検査などでおなじみの万国式試視力検査で行います。あの円の一部分が欠けているものが並んでいる表を元に行います。

ただ、これだけですと当てずっぽうに言ってしまえば高い等級が取れてしまいます。そのため、万国式試視力検査に加えて、前眼部・中間透光体・眼底部の検査で客観的な異常があることが必要です。

口 

3級2号 咀嚼又は言語の機能を廃したもの

「咀嚼(そしゃく)の機能を廃したもの」とは、流動食以外は食べられないことをいいます。おかゆも食べることができない状態です。 要するに自分で噛んで食べることが全くできず、液体のものを飲み込むことしかできない状態のことをいいます。

「言語の機能を廃したもの」とは、「口唇音」「歯舌音」「口蓋音」「喉頭音」のうち、3種類以上が発音できなくなった状態のことをいいます。

「口唇音」…ま行、ぱ行、ば行、わ行、ふ

「歯舌音」…な行、た行、だ行、ら行、さ行、しゅ、し、ざ行、じゅ

「口蓋音」…か行、が行、や行、ひ、にゅ、ぎゅ、ん

「喉頭音」…は行

精神・神経 

3級3号 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの

これは、脳や脳から延びる神経に障害が生じている場合に認められる等級です。対象が多岐に渡るのですが、大きなものとしては下の3つが挙げられます。

(1)脳に高次脳機能障害が残っている場合

「生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、高次脳機能障害のため、労務に服することができないもの」である場合、3級3号が認められます。

(2)脳の損傷により体に麻痺が残る場合

「生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、身体性機能障害のため、労務に服することができないもの」である場合、3級3号が認められます。

(3)せき髄の損傷により体に麻痺が残る場合

「生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、せき髄症状のため、労務に服することができないもの」である場合、3級3号が認められます。

脳の高次脳機能障害やせき髄の障害では、どういったタイミングでどういった書類を作っていくのかが非常に難しいです。 あまりに項目が多いので、正直ご自分でやられるよりは専門家に頼まれたほうが結果的にはよかった、という場合が多いと思います。

臓器 

3級4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することが出来ないもの

胸腹部臓器ですが、以下のものが含まれます。

  • 呼吸器…動脈や肺など呼吸に関する臓器
  • 循環器…心臓・血管など血液の循環に関する臓器
  • 腹部臓器…胃・小腸・人工肛門・大腸・肝臓・胆のう・すい臓・ひ臓・腹部臓器のヘルニアなどが含まれます。
  • 泌尿器…じん臓、尿管・膀胱・尿道
  • 生殖器…こう丸・陰茎・膣・子宮など

3級5号 両手の手指の全部を失ったもの

親指は指間節間関節以上、その他の指は近位指間節関節以上を失ったもの

手指の名称

後遺障害3級を取るために一番よい申請方法とは(被害者請求について)

ここまではどういう後遺障害が3級として認められるか、をご紹介しました。 ただ、実際に3級として認めてもらうにはきちんとした申請方法による必要があります。

後遺障害等級は、「損害保険料率算出機構」というところに「申請」をして等級を認めてもらう必要があります。2通りの申請方法があります。

「事前認定」と「被害者請求」です。

事前認定

相手方(加害者)の保険会社が申請を行う方法

事前認定の場合の流れ

被害者請求

被害者(もしくは被害者側の弁護士)が申請を行う方法

被害者請求の流れ

要するに相手方が申請するのが「事前認定」、被害者側が申請するのが「被害者請求」です。

被害者請求のメリット・デメリット

「被害者請求」のメリット

①しっかりした申請ができる

「被害者請求」では、被害者側の弁護士が被害者に有利になるようにレントゲン画像などをきちんと集めて提出します。また被害者に有利なように意見書などを作成することもあります。

一方、「事前認定」を行う保険会社は被害者にとっては相手方です。相手方が被害者に有利なように申請をしてくれるはずがありません。必要と思われる書類や画像が足りない場合であっても、そのまま申請してしまいます。 ときには被害者に不利な意見書を一緒に提出する場合もあります。

やはり経験のある弁護士に依頼をして「被害者請求」の方法で申請するのが一番しっかりした後遺障害の等級が取れると思います。

②保険金の支払い時期が早くなる

「事前認定」の場合、等級が取れても保険金はもらえません。さらに示談交渉をして最終的な金額が決まらなければ保険金は払われません。

一方、「被害者請求」では、等級が取れればいったん自賠責保険分の保険金を受け取ることができます。ここが「事前認定」とは違います。

「被害者請求」のデメリット

①少し時間がかかる

「被害者請求」ではしっかりした書類集めが必要なため、書類集めのために1〜2か月かかることがあります。しかし、1〜2か月待てばきちんとした等級が取れて、場合によっては数千万円も保険金が増える、と考えれば待つ価値はあるのではないでしょうか。

②弁護士費用が掛かる

「被害者請求」は被害者ご自身でも申請できます。ただし、被害者請求のメリットは、それぞれの書類について、しっかりとポイントを押さえたものを集められるというところにあります。ですから、ただ単に自分で書類を集めるだけでは、苦労ばかりで何のメリットも無いのです。そのためどうしても専門家の手を借りることになります。

弁護士に頼めばこういった書類集めはすべて任せられます。また最終的な示談交渉においてもご本人が交渉するよりもはるかに高い金額が得られることがほとんどです。
弁護士費用を支払ってもその価値は十分あると思います。

なお、弁護士にも専門分野というものがあります。納得のいく結果を得るためには、交通事故専門の弁護士にご依頼いただくのが一番だと思います。

まずはアズール法律事務所にご相談いただき、しっかりした等級を目指してみませんか。

後遺障害3級の慰謝料

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

<p>弁護士の中原敏雄です。</p> <p>私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。</p> <p>今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。</p> <p>交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。<br /> また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。<br /> 何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。</p> <p>このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。</p> <p>また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。</p> <p>後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。</p>

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

上へ