人身事故を弁護士に相談するメリットは?いつ相談する?

保険金が増額する金銭的なメリット

人身事故を弁護士に相談・依頼するメリットとしては、やはり賠償金・慰謝料・休業補償などの金額面で有利なことが挙げられます。実は、交通事故の保険金や慰謝料についてはさまざまな基準があります。

  • 自賠責保険の基準
  • 任意保険会社の基準
  • 弁護士基準

特に後遺症が残るような人身事故の被害については、保険会社の提示額は実際の裁判例に比べてかなり少ないことが多いです。この裁判例との差は、後遺症が重くなればなるほど大きくなっていきます。

あなたの正当な賠償金・慰謝料額は、自動計算機で簡単に計算できます。

「自分は後遺症が残りそうだ」「親が亡くなってしまった」という場合、弁護士が入ればほとんどの事例で賠償金・慰謝料は増額します。人身事故で大きなケガを負われた場合、亡くなってしまった場合は、必ず一度は弁護士に相談されることをお勧めします。

交渉から解放される精神的メリット

人身事故の被害者は、自ら望んで被害にあったわけでもないのに、事故後から様々な対応に追われます。まずは事故時の対応。加害者と話をしなければなりません。また、ひどいケガを負ってしまったら病院での治療が開始されます。次に警察による実況見分に応じる必要があります。そして加害者の保険会社との長い交渉が待っています。休業補償が打ち切られたり、通院の打ち切りを求められたり、そのたびに交渉する必要があります。

保険会社との長い交渉は人身事故の被害者にとってかなりの精神的負担となります。アズール法律事務所へご相談くださる方でも、保険会社との交渉に疲れ果て、しまいには交渉が原因の精神的な病にかかってしまう方もいらっしゃいます。

だれしもそうそう人身事故にあうわけではありません。初めての事故により、どう対応してよいかわからず悩んでいる方は多いのではないでしょうか。この精神的な負担については、弁護士に依頼することですべてを任せることができます。人身事故を弁護士に依頼する何よりのメリットは、実はこの保険会社との交渉から解放されることかもしれません。

人身事故を弁護士に相談する時期

一般的に弁護士に相談することでメリットがあるのは、後遺障害等級の獲得と最終的な保険金額の交渉です。死亡事故の場合は、後遺症といった問題がないため事故後すぐにでも相談した方がより有利といえます。

事故でケガをされた場合弁護士に依頼するタイミングは、後遺障害等級の手続を始める時か、後遺障害等級を獲得した時です。後遺障害等級の手続をいつ始めるかですが、通常は「症状固定」をしてから行います。「症状固定」とは「まだ完全には治っていないけどこれ以上治療をしてもなかなか治りにくい状態」になったことをいいます。

保険会社が「治療費の打ち切り」を言ってきたら、そろそろ症状固定時ということになります。症状を固定するには、医師に「後遺障害診断書」というものを書いてもらいます。この「後遺障害診断書」などの書類を元に等級の手続を進めることになります。

弁護士費用が心配

弁護士費用が心配とご相談を迷われている方、基本的にアズールでは保険会社からの保険金から費用を頂く仕組みにしております。完全成功報酬、後払いです。さらにご相談しやすくするため、アズール法律事務所では相談料も無料とさせていただいております。ぜひ、お気軽にご相談下さい。