交通事故弁護士 > 交通事故示談 > 交通事故の示談書とは?書き方を弁護士が解説。ひな形ダウンロードも。

交通事故の示談書とは?書き方を弁護士が解説。ひな形ダウンロードも。

  1. 交通事故の示談書とはなんだろう?その役割とは。
  2. 示談書には何を書けばよいのだろう?記載すべき項目について
  3. 事故に関する内容
  4. 事故の当事者に関する内容
  5. 金額に関する内容
  6. 清算条項
  7. その他の特記事項
  8. 示談書にサインする場合の注意点
  9. 示談書ひな形のダウンロード

交通事故の示談書とはなんだろう?その役割とは。

交通事故の示談書は、保険会社から被害者に最終的な保険金が支払われる際に、保険会社から送られてくる確認書面のことだ。(現在では、交通事故が起きた際には、ほとんどの事件で保険会社が関わるため、示談書についても保険会社が関係することを前提として説明している。)

示談書を交わすことで最終的に大きな金額が支払われ、基本的にそれ以降は保険会社からの支払いはなくなる。このように示談書には、その作成によって事件を終結させる、という役割がある。事件の終わり、という意味でも非常に大事な書類だ。

ではその内容とは?どんな点に気をつければよいのか?順に見ていこう。ひな形もダウンロードして、どんどんご利用いただきたい。

示談書には何を書けばよいのだろう?記載すべき項目について

示談書の内容だが、以下の項目が記載されるのが通常だ。

  • 事故に関する内容
  • 事故の当事者に関する内容
  • 金額・支払に関する内容
  • 清算条項
  • その他の特記事項

では、各項目別に記載すべき内容を見ていこう。

事故に関する内容

事故の内容に関しては、次の項目を記載する。(実際の示談書ひな形については、このページの一番下からダウンロードが可能。)

  • 事故が起こった日時
  • 事故が起こった場所
  • 事故を起こした加害車両のナンバー
  • 加害車両の所有者
  • 事故の具体的な態様

「日時」「場所」「加害車両のナンバー」については「交通事故証明書」の記載どおりに記入する。
交通事故証明書については→ 交通事故証明書とは?取り方・申請・内容など7項目

「事故の具体的な態様」についても「交通事故証明書」記載の「事故類型」を参考にして記入していただきたい。

事故の当事者に関する内容

加害者・被害者を記入する。

  • 加害者(甲)の氏名・住所
  • 被害者(乙)の氏名・住所

基本的には「交通事故証明書」に書いてある氏名・住所を記入する。ちなみに、「交通事故証明書」では、「加害者」を「甲」、「被害者」を「乙」としている。氏名が変更されていたり、事故時と住所が変わっている場合は、示談書の日付の氏名・住所を記入する。

金額・支払に関する内容

ここでは示談した内容を記入する。

  • 示談した金額
  • 支払期限
  • 支払方法
  • 振込先口座名

これまでに支払われた既払い金がある場合は、「すでに支払われた既払い金○○円のほか○○円を支払う 」というように既払い金と、示談書を交わすときに支払われる金額を別々に記入する。

清算条項

清算条項とは、この示談書をもって事件をすべて終了する(清算する)役割がある。通常、「示談金を受け取った場合、その他の請求は一切しません」という旨を記載する。

その他の特記事項

基本的には、上記の清算条項によって交通事故事件としては終了する。示談書を交わし、最終的な示談金を受け取った後は、一切の請求ができなくなる。

しかし、示談書に「留保(りゅうほ)」を付けた場合は例外的に請求できる場合がある。例えば次のような条項だ。「本件事故による後遺障害が自賠責保険上〇級以上に該当した場合は別途協議するものとする。」これは、示談当時はわからなかった障害が将来発生した場合に備えるものだ。

示談書にサインする場合の注意点

示談書の記載事項に関する注意事項は以上のとおりである。

では、そもそも示談書にサインしていいのか?保険会社は被害者のことを本気で考えてくれているのか?答えは「NO」。声を大きくして「絶対にNO!!」といってもよい。

実は、保険会社はどんな大手の会社でもまともに保険金を支払っていない。必ず低い額を被害者に提示している。逆にいえば、私たち弁護士が介入すれば、ほぼすべての案件で最終的に保険金が上がる。要するに、今あなたの手元にある示談書は、確実に「低い」金額が記載されている。

とても不思議な気になるかもしれないが、これが交通事故の現実だ。とにかく一度でいいので、専門家にご相談してみることをおすすめする。違った明日が開けるのではないだろうか。

示談書にサインしてはいけない理由をさらに知りたい方はこちら→ 示談書にサインする前に注意することとは

(参考ページ)

→ 交通事故示談を弁護士に相談する3つの理由と2つのメリット
→ 交通事故専門・アズール法律事務所がこれまでに保険金を増額した事件の一覧

示談書ひな形のダウンロード

示談書のひな形は下記リンクからダウンロードすることができます。どうぞご利用ください。 (ただし、一般的なものであって個々の事案に合わせたものではありません。あくまで自己責任で使用してください。)

→ 示談書・ダウンロード(エクセル形式)
→ 示談書・ダウンロード(PDF形式)

長期治療・等級が取れた・重傷事故・死亡事故・弁護士特約

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します

交通事故弁護士|アズール法律事務所 力を入れる3つの交渉

1 治療中の方の後遺障害等級獲得
2 等級獲得後の保険金増額(慰謝料・休業損害など)
3 死亡事故の保険金・慰謝料増額

保険会社の対応を知り尽くしたプロが交渉します。
自ら交通事故を体験した弁護士が運営しています。

口コミ 依頼者様がアズールを選んだ5つの理由

1 対応がよかった
2 画像まで見てくれたのはここだけでした
3 後遺障害等級獲得の申請からサポートしてくれた
4 示談金が4倍にも上がった
5 前回の依頼がよかったのでまた依頼した

詳しくはこちら

交通事故弁護士相談窓口

アズール法律事務所による示談交渉(慰謝料・後遺症・死亡事故など)

交通事故弁護士相談窓口。交通事故でケガをされた方、近親者がお亡くなりになった方、被害者側交通事故専門弁護士です。

トップページはこちらから

あなたの正当な慰謝料・賠償金が3つの項目を入れるだけですぐ分かる 交通事故弁護士による交通事故保険金スピード計算機

  • ケガをされた場合はこちら
  • お亡くなりになった場合はこちら

私の交通事故体験談

ご挨拶

<p>弁護士の中原敏雄です。</p>
<p>私も以前交通事故にあって苦しんだことがあります。どうしてよいのか、昔はインターネットもない時代でちゃんとした知識も得ることができませんでした。</p>
<p>今はインターネットで様々な知識が得られます。このサイトも、交通事故の被害者の方々に、こんな事実があります、こんな方法がありますということをお知らせしたくて作りました。</p>
<p>交通事故にあって、どうしたらよいか、何かよい方法はないか、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。<br />
また、本来もらうべき金額を受け取ることなく苦しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。<br />
何も知らないまま保険会社から迫られて示談してしまう、そういうことは絶対あってはいけないとの思いがあります。</p>
<p>このサイトは、保険会社に立ち向かい、正当な賠償・慰謝料を勝ち取れるようにたくさんの情報をのせています。ぜひお役立て下さい。</p>
<p>また、このサイトをご覧になり、後遺障害等級や保険金増額を弁護士に依頼してみたい、と思われた方はアズールまでご相談下さい。</p>
<p>後遺障害等級を獲得された方・ご家族が交通事故で亡くなった方については、ほとんどの方(当事務所の実績では99.4%)がアズールの介入により保険金増額に成功されています。</p>

アズールの弁護士費用は完全成功報酬制(後払い)

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 弁護士特約、つけていませんか?
    特約を使えば実質負担無し!
  • 弁護士費用

長期治療中の方・等級が取れた方・重傷事故の方
死亡事故のご遺族・弁護士特約をお付けの方

ひとつでもあてはまる方は
今すぐご相談ください

フリーダイヤル0120-940-902

平日9:30-19:00
土日祝日も事前予約で対応します

    • メール
    • 弁護士紹介
    • 弁護士費用
  • 地図・アクセス

▲Pagetop